会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

初期症例における顔面神経損傷の領域の分類と、異なる領域の管理のための戦略 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Plast Reconstr Aesthet Surg.2020 Jun;S1748-6815(20)30274-6. doi: 10.1016/j.bjps.2020.05.100.Epub 2020-06-13.

初期症例における顔面神経損傷の領域の分類と、異なる領域の管理のための戦略

Amer's classification of territories of facial nerve injury in early cases and strategies for the management of different territories.

  • Tarek A Amer
  • Mohamed S El Kholy
  • Amr Adel Khalaf
  • Amr M Rifky
PMID: 32631719 DOI: 10.1016/j.bjps.2020.05.100.

抄録

顔面神経損傷の初期の症例は、同じ既存の顔面筋への神経経路を回復させることで治療するのが最善です。顔面神経損傷の正確な領域についての知識は、これらの損傷の再建のための平面を設計し、結果を比較するために必要である。本研究では、顔面神経損傷の領域を、損傷部位に最も近い健康な筋膜の位置に基づいて、近距離および遠距離の両方で分類するシステムを設計することを目的としている。顔面神経損傷の初期の患者211名を対象に、治療のための評価を行った。その結果、顔面神経損傷の13の領域が同定された。その結果、13の損傷領域が同定され、損傷領域に応じた管理戦略が計画された。現在の分類システムは、顔面神経損傷の領域を分類するためのシンプルで簡単かつ効果的な方法である。この分類体系は、最も近い健康な近位および遠位の筋膜を正確に記述しており、症例報告や管理計画の実施を容易にするために採用することができます。また、この分類法は、より効果的に結果を比較することを可能にします。

Early cases of facial nerve injury are best treated by restoring the neural pathway to the same existing facial muscles. Knowledge of the exact territory of facial nerve injury is required to design a plane for the reconstruction of these injuries and to compare results. The current study aims to design a classification system for territories of facial nerve injury based on the location of nearest healthy fascicles to the site of injury both proximally and distally. Two hundred-one patients with early facial nerve injury were assessed for treatment. According to the results of the exploration, 13 territories of injury were identified. The management strategy was planned according to the territory of injury. The current classification system is a simple, easy and effective method for the classification of territories of facial nerve injury. The classification system accurately describes the nearest possible healthy proximal and distal fascicles and can be employed to easily report cases and implement a management plan. This classification scheme also allows us to more effectively compare results.

Copyright © 2020. Published by Elsevier Ltd.