会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

脊髄・大筋萎縮症における代謝異常 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Rev. Neurol. (Paris).2020 Jul;S0035-3787(20)30592-0. doi: 10.1016/j.neurol.2020.03.020.Epub 2020-07-03.

脊髄・大筋萎縮症における代謝異常

Metabolic alterations in spinal and bulbar muscular atrophy.

  • F Francini-Pesenti
  • N Vitturi
  • S Tresso
  • G Sorarù
PMID: 32631678 DOI: 10.1016/j.neurol.2020.03.020.

抄録

脊髄・大腿筋萎縮症(SBMA)は、下部運動ニューロンの変性、緩徐に進行するミオパチー、多系統の病変を特徴とする稀なXリンク型神経筋疾患です。SBMAは、染色体X上のアンドロゲン受容体(AR)遺伝子の最初のエキソンにおけるトリヌクレオチドリピートの拡大によって引き起こされる。発症は30~60歳の間に起こり、易疲労性、筋痙攣、四肢の脱力感を伴う。SBMAの表現型では、神経筋の関与に加えて、神経以外の症状が多くみられます。最近、いくつかの研究では、SBMA患者では代謝障害や肝障害の有病率が高いことが報告されています。特に、脂肪肝やインスリン抵抗性(IR)は多くのSBMA患者で認められています。AR機能の変化とアンドロゲン不感症が脂肪肝とIRの両方に関与している可能性があります。また、脂肪肝と肝機能の変化は、異なるメカニズムで神経筋損傷に影響を与える可能性があります。これらのデータから、SBMAは神経筋疾患だけでなく代謝性疾患でもあると考えられる。代謝変化のメカニズム、神経筋障害との関連性、疾患経過への影響、治療法などについては、まだ十分に解明されていないと思われます。

Spinal and bulbar muscular atrophy (SBMA) is a rare, X-linked neuromuscular disease characterised by lower motor neurons degeneration, slowly progressive myopathy and multisystem involvement. SBMA is caused by trinucleotide repeat expansion in the first exon of the androgen receptor (AR) gene on chromosome X that encodes a polyglutamine (polyQ) tract in the AR protein. Disease onset occurs between 30-60 years of age with easy fatigability, muscle cramps, and weakness in the limbs. In addition to neuromuscular involvement, in SBMA phenotype, many non-neural manifestations are present. Recently, some studies have reported a high prevalence of metabolic and liver disorders in patients with SBMA. Particularly, fatty liver and insulin resistance (IR) have been found in many SBMA patients. The alteration of AR function and the androgen insensitivity can be involved in both fatty liver and IR. In turn, IR and liver alterations can influence neuromuscular damage through different mechanisms. These data lead to consider SBMA as a metabolic as well as a neuromuscular disease. The mechanism of metabolic alterations, their link with the neuromuscular damage, the effects on the course of disease and their treatment will have to be yet fully clarified.

Copyright © 2020. Published by Elsevier Masson SAS.