会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

口腔内の健康と幼児期のう蝕における社会的不平等。どのようにして効果的に予防することができるか?A scoping review of disease predictors]。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Rev Epidemiol Sante Publique.2020 Jul;S0398-7620(20)30372-2. doi: 10.1016/j.respe.2020.06.004.Epub 2020-07-03.

口腔内の健康と幼児期のう蝕における社会的不平等。どのようにして効果的に予防することができるか?A scoping review of disease predictors]。

[Social inequalities in oral health and early childhood caries: How can they be effectively prevented? A scoping review of disease predictors].

  • T Marquillier
  • P Lombrail
  • S Azogui-Lévy
PMID: 32631663 DOI: 10.1016/j.respe.2020.06.004.

抄録

背景:

幼児期のう蝕は、公衆衛生上の大きな問題である。個々の影響に加えて、この病気の根底にある口腔保健における大規模な社会的不平等が、子どもやその家族、そして地域社会に及ぼす影響を大きく過小評価しています。どのようにして、どこで行動すべきか」という問いに応えるために、このスコーピングレビューでは、適切な予防戦略を用いて行動することが可能な疾患に関連した個々の特徴を特定しています。

BACKGROUND: Early childhood caries represent a major public health problem. In addition to their individual impact, the massive social inequalities in oral health that are at the roots and result from the disease have largely underestimated consequences for the child, his family and the community. In response to the question of "how and where to act?", this scoping review identifies the individual characteristics associated with the disease on which it would be possible to act, using appropriate prevention strategies.

方法:

このscoping reviewは、幼児期の齲蝕に関連するさまざまな因子に関する文献の中で利用可能なデータを記述し、分析することを目的としている。

METHODS: This scoping review is aimed at describing and analyzing available data in the literature on the different factors associated with early childhood caries.

結果:

幼児期う蝕の予測因子は、媒介因子(知識、態度、親の口腔保健習慣)と中和因子(心理社会的パラメータ、親のヘルスリテラシー、アルコール消費)によって表される。28の論文が選択基準を満たし、そのうち20は幼児期う蝕に関連するメディエーターを研究し、14はモデレーターを扱った。親の口腔保健に関する知識とリテラシーのレベルが低いほど、子供のdmft指数は高くなる。心理社会的パラメータの役割を評価するためには、さらなる研究が必要である。

RESULTS: The predictors of early childhood caries are represented by mediating (knowledge, attitudes and parents' oral health practices) and moderating (psychosocial parameters, parental health literacy and alcohol consumption) factors. Twenty-eight articles fulfilled the selection criteria, twenty of which studied mediators related to early childhood caries, and fourteen of which dealt with moderators. The lower the parents' level of knowledge and literacy in oral health, the higher a child's dmft index. Additional studies are needed to assess the role of psychosocial parameters.

結論:

親の知識と口腔保健リテラシーは、地域規模で実施される行動を通じて健康における社会的不平等を軽減するという観点から、優先的に対象とすべき重要な予測因子である。幼児期のう蝕の予防には、一般的な介入と標的を絞った介入の組み合わせが必要である。

CONCLUSION: Parents' knowledge and oral health literacy are the key predictors to be preferentially targeted in view of reducing social inequalities in health through actions undertaken on a local scale. The prevention of early childhood caries necessitates a combination of generic and targeted interventions.

Copyright © 2020 Elsevier Masson SAS. All rights reserved.