会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

甲状腺機能亢進症のシンチグラフィ評価およびその臨床・生化学的プロファイルとの相関 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Res Notes.2020 Jul;13(1):324. 10.1186/s13104-020-05164-5. doi: 10.1186/s13104-020-05164-5.Epub 2020-07-06.

甲状腺機能亢進症のシンチグラフィ評価およびその臨床・生化学的プロファイルとの相関

Scintigraphy evaluation of hyperthyroidism and its correlation with clinical and biochemical profiles.

  • Khaled Alswat
  • Sara Ahmad Assiri
  • Raad M M Althaqafi
  • Atheer Alsufyani
  • Abaad Althagafi
  • Sara Alrebaiee
  • Najd Alsukhayri
PMID: 32631402 PMCID: PMC7339512. DOI: 10.1186/s13104-020-05164-5.

抄録

目的:

甲状腺機能亢進症とは、甲状腺ホルモンが過剰に合成されることです。特に甲状腺受容体抗体(TRAb)の測定が容易でない場合には、甲状腺機能亢進症の正確な診断には甲状腺アップテイクスキャンと超音波検査が有効である。本研究では、文献が不十分なサウジアラビアのタイフで2016年から2019年の間にTc-pertechnetate甲状腺スキャンを受けた患者から、レトロスペクティブなシンチグラフィの結果を用いて様々な甲状腺機能亢進症の原因の有病率を探り、臨床、生化学、超音波画像パラメータとの関連を評価した。さらに、異なる甲状腺疾患における甲状腺スキャンの不適切な使用について評価した。

OBJECTIVE: Hyperthyroidism is the excessive synthesis of thyroid hormones. Thyroid uptake scans and ultrasonography provide an accurate diagnosis of hyperthyroidism, especially when thyroid receptor antibody (TRAb) measurement is not readily available. This study explored the prevalence of various hyperthyroidism causes using retrospective scintigraphy results and evaluated their relationship with clinical, biochemical, and sonographic imaging parameters from patients who underwent Tc-pertechnetate thyroid scans between 2016 and 2019 in Taif, Saudi Arabia, where literature is insufficient. Furthermore, the inappropriate use of thyroid scanning in different thyroid diseases was evaluated.

結果:

研究には207人の患者が登録された(平均年齢:42.5±14.7歳)。平均遊離T4、T3、抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体、抗サイログロブリン抗体、C反応性蛋白、赤血球沈降速度のレベルが高かった。診断はバセドウ病が最も多かった。バセドウ病患者は、中毒性の孤発性/多結節性甲状腺腫と比較して、通常、若く、取り込み時とスキャン時にカルビマゾールを使用しており、甲状腺肥大があり、FT4とFT3の値が高かった。不適切な甲状腺の取り込みとスキャンの使用が約10%の患者で報告されており、25%の患者が取り込みとスキャンの間にカルビマゾールを使用していた。したがって、スキャン結果の誤認識を避けるために、より良い患者教育が必要である。

RESULTS: The study enrolled 207 patients (mean age: 42.5 ± 14.7 years). The mean free T4, T3, antithyroid peroxidase antibody, antithyroglobulin antibody, C-reactive protein, and erythrocyte sedimentation rate levels were high. Graves' disease was the most common diagnosis. Compared to toxic solitary/multinodular goiter, patients with Graves' disease were usually younger, used carbimazole during both the uptake and the scan, had an enlarged thyroid gland, and had higher FT4 and FT3 levels. Inappropriate thyroid uptake and scan use was reported in approximately 10% of patients, and 25% of the patients used carbimazole during the uptake and scan. Thus, better patient education is needed to avoid misinterpreting the scan results.