会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

:抗腫瘍分子の未知の源。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Biology (Basel).2020 Jul;9(7). E150. doi: 10.3390/biology9070150.Epub 2020-07-02.

:抗腫瘍分子の未知の源。

: An Untapped Source of Anti-Tumor Molecules.

  • Morhanavallee Soopramanien
  • Naveed Ahmed Khan
  • Ajnish Ghimire
  • Kuppusamy Sagathevan
  • Ruqaiyyah Siddiqui
PMID: 32630812 DOI: 10.3390/biology9070150.

抄録

がんの罹患率と死亡率は、集中的な研究にもかかわらず、増加し続けています。そのため、効果的な抗がん剤の開発の必要性が叫ばれています。私たちは最近、ワニのような汚染された環境に住む動物の腸内細菌が、新しい抗腫瘍分子の潜在的な供給源であることを示しました。この研究を他の回復力のある種にも拡張するために、私たちは(サソリ)の腸内細菌の抗腫瘍効果を調べました。糞便および腸内細菌を単離し、同定し、その抗腫瘍効果を評価した。菌体調整培地はRoswell Park Memorial Institute(RPMI)1640培地で調製し、子宮頸がん(HeLa)細胞に対する細胞毒性および増殖抑制性を調べた。液体クロマトグラフィー-質量分析(LC-MS)を行い、分子の同一性を確立した。腸内細菌18種(HSG01-18)および糞便細菌10種(HSF01-10)を用いて抗腫瘍効果を調べた。その結果、サソリ腸由来の菌種では66.9%、糞便由来の菌種では83.8%の有意な増殖抑制効果を示した。HSG12およびHSG16で処理した癌細胞を顕微鏡で観察したところ、アポトーシス様作用が認められた。HSG12 を HSG16 と同定した。いずれの条件付培地も、子宮頸がん、乳がんおよび前立腺がん細胞からなるがん細胞の選択に対して、100%の増殖抑制効果を示した。LC-MSでは、HSG12から72化合物、HSG16から38化合物が検出された。これらの化合物のうち、47化合物は同定に成功し、残りの化合物は未同定であり、新規化合物である可能性があることが示唆された。本研究は、サソリの糞便・腸内微生物群が抗がん作用を持つ分子を保有している可能性を示唆するものであるが、これらの期待値を評価するためには、さらなる集中的な研究が必要である。

Despite intensive research, cancer incidence and mortality continue to rise. Consequently, the necessity to develop effective anti-cancer therapy is apparent. We have recently shown that the gut bacteria of animals living in polluted environments, such as crocodiles, are a potential source of novel anti-tumor molecules. To extend this work to other resilient species, we investigated the anti-tumor effects of gut bacteria of (a scorpion). Bacteria from the feces and gut were isolated, identified and evaluated for their anti-tumor effects. Bacterial-conditioned media was prepared in Roswell Park Memorial Institute (RPMI) 1640 media, and cytotoxicity and growth inhibitory properties were examined against cervical (HeLa) cancer cells. Liquid chromatography-mass spectrometry (LC-MS) was conducted to establish the identity of the molecules. Eighteen bacteria species from the gut (HSG01-18) and ten bacteria species from feces (HSF01-10) were tested for anti-tumor effects. Bacterial-conditioned media from scorpion gut and feces exhibited significant growth inhibitory effects against HeLa cells of 66.9% and 83.8%, respectively. Microscopic analysis of cancer cells treated with conditioned media HSG12 and HSG16 revealed apoptosis-like effects. HSG12 was identified as and HSG16 was identified as . Both conditioned media exhibited 100% growth inhibitory effects versus a selection of cancer cells, comprising cervical, breast and prostate cancer cells. LC-MS indicated the presence of 72 and 38 compounds, detected from HSG12 and HSG16, respectively. Out of these compounds, 47 were successfully identified while the remainder were unidentified and are possibly novel. This study suggests that the fecal and gut microbiota of scorpions might possess molecules with anti-cancer properties, however, further intensive research is needed to assess these expectations.