会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

高尿酸血症と歯周炎の関連性の分析。KoGES HEXAデータを用いた横断的研究。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Environ Res Public Health.2020 Jul;17(13). E4777. doi: 10.3390/ijerph17134777.Epub 2020-07-02.

高尿酸血症と歯周炎の関連性の分析。KoGES HEXAデータを用いた横断的研究。

Analyzing the Association between Hyperuricemia and Periodontitis: A Cross-Sectional Study Using KoGES HEXA Data.

  • Soo-Hwan Byun
  • Dae-Myoung Yoo
  • Jung-Woo Lee
  • Hyo-Geun Choi
PMID: 32630802 DOI: 10.3390/ijerph17134777.

抄録

高尿酸血症は、血液中に過剰な尿酸が蓄積することで発生し、歯周炎の発症に関与している。本研究の目的は、高尿酸血症と歯周炎との関連を横断的研究デザインと韓国ゲノム疫学研究健康調査(KoGES HEXA)データを用いて検討することであった。この前向きコホート研究では、2004 年から 2016 年までの KoGES の疫学データを使用した。173,209人の参加者のうち、高尿酸血症を有する8809人と対照(非高尿酸血症)126,465人が選ばれた。本研究では、高尿酸血症を男性の尿酸値が7.0mg/dL以上、女性の尿酸値が6.0mg/dL以上と定義した。本研究では、高尿酸血症患者と対照群の歯周炎の既往歴を分析した。参加者の年齢、性別、所得、肥満、喫煙、飲酒、栄養摂取量を調査した。統計解析にはカイ二乗検定、独立-検定および両側検定を用いた。歯周炎に対する高尿酸血症の調整後OR(aOR)は0.89(95%信頼区間(CI)=0.81~0.96、=0.005)であった。この研究は、高尿酸血症が歯周炎と関連していることを示した。この知見は、尿酸値の上昇が歯周炎にプラスの影響を与える可能性を意味していた。しかし、歯周の健康に有益な尿酸値の範囲を決定するためには、さらなる研究が必要である。

Hyperuricemia arises from the buildup of excessive uric acid in the blood, and it is implicated in the development of periodontitis. The objective of this study was to investigate the association between hyperuricemia and periodontitis using a cross-sectional study design and Korean Genome and Epidemiology Study Health Examinee (KoGES HEXA) data. This prospective cohort study used epidemiological data from the KoGES from 2004 to 2016. Among 173,209 participants, 8809 with hyperuricemia and 126,465 controls (non-hyperuricemia) were selected. This study defined hyperuricemia as >7.0 mg/dL of uric acid in men and >6.0 mg/dL in women. This study analyzed the history of periodontitis among hyperuricemia and control participants. Participants' age, gender, income, obesity, smoking, alcohol consumption, and nutritional intake were all examined. Chi-square tests, independent -tests, and two-tailed analyses were used for statistical analysis. The adjusted OR (aOR) of hyperuricemia for periodontitis was 0.89 (95% confidence interval (CI) = 0.81-0.96, = 0.005). This study demonstrated that hyperuricemia was associated with periodontitis. This finding meant that elevated uric acid levels could have a positive effect on periodontitis. However, further studies should be performed to determine the range of uric acid levels beneficial to periodontal health.