会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

高血圧治療のファーマコゲノミクス | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Mol Sci.2020 Jul;21(13). E4709. doi: 10.3390/ijms21134709.Epub 2020-07-01.

高血圧治療のファーマコゲノミクス

Pharmacogenomics of Hypertension Treatment.

  • Jacek Rysz
  • Beata Franczyk
  • Magdalena Rysz-Górzyńska
  • Anna Gluba-Brzózka
PMID: 32630286 DOI: 10.3390/ijms21134709.

抄録

高血圧は最も強力な心血管危険因子の1つであり、世界中で増加している人々に影響を与えている。服薬アドヒアランスの悪さとは別に、いくつかの治療法の有効性の低さもまた、個人間の遺伝的変異と関連している可能性があります。家族を対象とした遺伝学的研究により、遺伝性が血圧(BP)の個人間変動の30~50%を占めていることが明らかになりました。遺伝的要因は血圧(BP)上昇に影響を与えるだけでなく、降圧治療への反応における個人間変動にも寄与している。この論文では、現在使用されている降圧薬の主要なクラス(すなわち、利尿薬、β遮断薬、ACE阻害薬、ARB、およびCCB)に関する最近のファーマコゲノミクス文献をレビューする。このトピックに関する多数の研究と、その中で時々矛盾する結果があるため、提示されたデータは、薬物反応を変化させるいくつかの選択されたSNPに限定されています。遺伝的多型は、薬物の作用を修飾することができる高血圧の病態に関与する遺伝子、薬物-遺伝子間の機序的相互作用の変化、薬物代謝酵素内の多型、薬物輸送体に関連する遺伝子、複雑なカスケードや代謝反応に関与する遺伝子を介して、薬物応答に影響を与える可能性がある。数多くの研究結果から、遺伝子型に基づいた抗高血圧治療が最も効果的であり、重大な有害事象の発生を回避し、治療費の低減にもつながる可能性があることが確認されている。しかし、薬物反応表現型の遺伝的遺伝性は、多遺伝的・多因子複合形質に隠されたままであるように思われる。したがって、すべての関連性を解析し、ゲノムに基づく最終的な治療推奨を策定するためには、さらなる研究が必要である。

Hypertension is one of the strongest modifiable cardiovascular risk factors, affecting an increasing number of people worldwide. Apart from poor medication adherence, the low efficacy of some therapies could also be related to inter-individual genetic variability. Genetic studies of families revealed that heritability accounts for 30% to 50% of inter-individual variation in blood pressure (BP). Genetic factors not only affect blood pressure (BP) elevation but also contribute to inter-individual variability in response to antihypertensive treatment. This article reviews the recent pharmacogenomics literature concerning the key classes of antihypertensive drugs currently in use (i.e., diuretics, β-blockers, ACE inhibitors, ARB, and CCB). Due to the numerous studies on this topic and the sometimes-contradictory results within them, the presented data are limited to several selected SNPs that alter drug response. Genetic polymorphisms can influence drug responses through genes engaged in the pathogenesis of hypertension that are able to modify the effects of drugs, modifications in drug-gene mechanistic interactions, polymorphisms within drug-metabolizing enzymes, genes related to drug transporters, and genes participating in complex cascades and metabolic reactions. The results of numerous studies confirm that genotype-based antihypertension therapies are the most effective and may help to avoid the occurrence of major adverse events, as well as decrease the costs of treatment. However, the genetic heritability of drug response phenotypes seems to remain hidden in multigenic and multifactorial complex traits. Therefore, further studies are required to analyze all associations and formulate final genome-based treatment recommendations.