会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

シュガービート()から分離されたベタブルガリンは、Stat3シグナル伝達により乳がん幹細胞を抑制します | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Molecules.2020 Jun;25(13). E2999. doi: 10.3390/molecules25132999.Epub 2020-06-30.

シュガービート()から分離されたベタブルガリンは、Stat3シグナル伝達により乳がん幹細胞を抑制します

Betavulgarin Isolated from Sugar Beet () Suppresses Breast Cancer Stem Cells through Stat3 Signaling.

  • Ren Liu
  • Hack Sun Choi
  • Xing Zhen
  • Su-Lim Kim
  • Ji-Hyang Kim
  • Yu-Chan Ko
  • Bong-Sik Yun
  • Dong-Sun Lee
PMID: 32630026 DOI: 10.3390/molecules25132999.

抄録

乳がんは、世界中の人々の命に影響を与える大きな健康問題です。乳がん幹細胞(BCSCs)は、薬剤耐性、自己複製、再発、転移、分化などの能力を持つ細胞の小集団です。ここでは、ビーツの粉末抽出物をシリカゲル、ゲルろ過、薄層クロマトグラフィー(TLC)、調製高圧液体クロマトグラフィー(HPLC)で処理し、腫瘍球形成アッセイを用いた活性誘導精製に基づいて1つの化合物を単離した。精製された化合物は、核磁気共鳴分光法及びエレクトロスプレーイオン化(ESI)質量分析法を用いて、ベタブルガリンとして同定された。ベタブルガリンは、乳がん細胞の増殖、遊走、コロニー形成、乳房球形成を抑制し、CD44/CD24サブポピュレーションのサイズと自己再生関連遺伝子の発現を減少させた。この化合物は、シグナル伝達物質および転写活性化因子3(Stat3)の全レベルおよびリン酸化核レベルを低下させ、乳房の性決定領域Y(SRY)ボックス2(SOX2)のmRNAおよびタンパク質レベルを低下させました。これらのデータは、ベタブルガリンがStat3/SOX2シグナル伝達経路を阻害し、BCSCの死を誘導することを示唆しており、ベタブルガリンは乳がん細胞やBCSCに対する抗がん剤である可能性を示唆している。

Breast cancer is a major health problem that affects lives worldwide. Breast cancer stem cells (BCSCs) are small subpopulations of cells with capacities for drug resistance, self-renewal, recurrence, metastasis, and differentiation. Herein, powder extracts of beetroot were subjected to silica gel, gel filtration, thin layer chromatography (TLC), and preparatory high-pressure liquid chromatography (HPLC) for isolation of one compound, based on activity-guided purification using tumorsphere formation assays. The purified compound was identified as betavulgarin, using nuclear magnetic resonance spectroscopy and electrospray ionization (ESI) mass spectrometry. Betavulgarin suppressed the proliferation, migration, colony formation, and mammosphere formation of breast cancer cells and reduced the size of the CD44/CD24 subpopulation and the expression of the self-renewal-related genes, , , and . This compound decreased the total level and phosphorylated nuclear level of signal transducer and activator of transcription 3 (Stat3) and reduced the mRNA and protein levels of sex determining region Y (SRY)-box 2 (SOX2), in mammospheres. These data suggest that betavulgarin inhibit the Stat3/Sox2 signaling pathway and induces BCSC death, indicating betavulgarin might be an anticancer agent against breast cancer cells and BCSCs.