国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

日常的な顎顔面外科手術の合併症としての上顎動脈全血管壊死の微小血管再建 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Oral Maxillofac. Surg..2020 Jun;S0278-2391(20)30583-8. doi: 10.1016/j.joms.2020.06.009.Epub 2020-06-10.

日常的な顎顔面外科手術の合併症としての上顎動脈全血管壊死の微小血管再建

Microvascular Reconstruction of Total Maxillary Avascular Necrosis as a Complication of Routine Orthognathic Surgery.

  • Kyle S Ettinger
  • John Nathan
  • Lidia M Guerrero
  • Thomas J Salinas
  • Kevin Arce
PMID: 32628933 DOI: 10.1016/j.joms.2020.06.009.

抄録

顎顔面外科手術後の重篤な合併症や罹患率はほとんど報告されていませんが、この手術が顎顔面外科という専門分野の外科医によって行われていることを考えると、さらに報告されていることは稀です。Le Fort I骨切り術後の上顎骨の血管壊死は、おそらく顎顔面矯正手術で最も恐れられている結果です。しかし、外科的合併症全体の中では非常に小さなサブセットを占めています。血管性上顎壊死の危険因子として報告されているのは、セグメント型骨切り術、垂直後方侵襲、大きな横膨張、9~10mmを超える前方進出、不適切な手術手技、上顎軟部組織の過剰な脱脂、術中出血、口蓋軟部組織の穿孔または裂傷、上顎または口蓋手術の既往、その他の医学的併存疾患などがあります。顎関節矯正手術後に上顎全壊死を起こした症例は、その専門分野全体で言及されていますが、私たちの知る限りでは、日常的な顎関節矯正手術後に上顎全壊死を起こした症例は報告されていません。我々は、標準的な1ピースLe Fort I骨切り術後に上顎血管全壊死を起こした、本当にユニークな症例を発表しました。上顎の全血管壊死による上顎欠損は、非侵襲性の上顎骨の外科的デブリード、線維性フリーフラップの再構築、新乳頭の段階的内膜インプラント再構築、包括的な歯列矯正リハビリテーションにより、総合的に治療された。

Severe complications and morbidity after orthognathic surgery are infrequently encountered and even more infrequently reported considering the extent to which this procedure is performed by surgeons within the specialty of maxillofacial surgery. Avascular necrosis of the maxilla after Le Fort I osteotomy is perhaps the most dreaded outcome of orthognathic surgery. However, it accounts for an extremely small subset of overall surgical complications. The reported risk factors associated with avascular maxillary necrosis include segmental osteotomies, vertical posterior impactions, large transverse expansions, anterior advancements exceeding 9 to 10 mm, an improper surgical technique, excessive soft tissue degloving of the maxilla, intraoperative hemorrhage, perforation or laceration of the palatal soft tissue pedicle, previous maxillary or palatal surgery, and other medical comorbidities. Although anecdotal cases of total maxillary necrosis after orthognathic surgery have been alluded to within the specialty as a whole, to the best of our knowledge, no previous studies have reported total maxillary necrosis occurring after routine orthognathic surgery. We have presented a truly unique case of total maxillary avascular necrosis that occurred after standard 1-piece Le Fort I osteotomy in a patient without medical or surgical risk factors for the complication either known preoperatively or identified postoperatively. The resultant maxillary defect from total avascular necrosis was comprehensively treated with surgical debridement of the nonviable maxilla, osteocutaneous fibular free flap reconstruction, staged endosseous implant reconstruction of the neomaxilla, and comprehensive prosthodontic rehabilitation.

Copyright © 2020 American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.