会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

隆鼻術における低侵襲手技 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Curr Opin Otolaryngol Head Neck Surg.2020 Aug;28(4):218-227. 00020840-202008000-00006. doi: 10.1097/MOO.0000000000000639.

隆鼻術における低侵襲手技

Minimally invasive techniques in rhinoplasty.

  • Holger G Gassner
  • Ashish A Magdum
  • Abel-Jan Tasman
PMID: 32628415 DOI: 10.1097/MOO.0000000000000639.

抄録

レビューの目的:

最小限と隠された切開線を含む低侵襲手術の基準を提示するには、実行可能な場合は、組織と内視鏡技術のアプリケーションへの傷害を減らす;その低侵襲性の特性のための隆鼻術の技術を分析するには - 最近の出版物に照らして; と最高の低侵襲手術の基準を満たす技術を議論します。

PURPOSE OF REVIEW: To present criteria of minimally invasive surgery, which include minimal and hidden incision lines, reduced injury to tissue and application of endoscopic techniques, when feasible; to analyze techniques in rhinoplasty for their minimally invasive character - in light of recent publications; and to discuss the techniques that best meet the criteria of minimally invasive surgery.

最近の研究成果:

鼻は約60%の軟部組織と約40%の骨格要素で構成されています。手術は、機械的牽引、分離、切開、熱、乾燥などを含む様々なメカニズムを介して両方の組織タイプに傷害を引き起こします。アプローチの範囲と組織を弱体化の程度を含む複数の側面は、技術と鼻形成術での操作の低侵襲性の文字を決定します。

RECENT FINDINGS: The nose consists of about 60 percent soft tissue and 40 percent skeletal elements. Surgery causes injury to both tissue types through various mechanisms, including mechanical traction, separation, incision, heat, desiccation, and others. Multiple aspects including extent of approach and degree of tissue undermining determine the minimally invasive character of techniques and maneuvers in rhinoplasty.

まとめ:

単切開の鼻腔内アプローチ、軟骨下および骨膜下中隔面、軟骨性背部上の軟骨上面、骨膜下面、骨性背部上の骨膜下面、可能な場合には内視鏡的可視化による限定的な背骨下降、従来のストレート横骨切り術または経皮的湾曲横骨切り術;経皮的横骨切り術。従来のストレートパラメディアン骨切り術、ピエゾおよびドリルパラメディアン骨切り術、背骨アンカッピング骨切り術、従来のラスプグロス背骨輪郭形成術、ピエゾまたはドリルファイン背骨輪郭形成術、(軟骨性の)ミドルボールト「レットダウン」、およびミニマムアクセスの骨膜下タービネート骨切除術が、低侵襲手術の基準を最もよく満たしていることがわかった。隆鼻術の低侵襲性の程度を分類するシステムが議論の基礎として提案されている。

SUMMARY: A single incision endonasal approach, the subperichondrial and subperiosteal septal plane, the supraperichondrial plane over the cartilaginous dorsum, the subperiosteal plane over the bony dorsum, limited dorsal undermining with endoscopic visualization when feasible, conventional straight lateral osteotomy or percutaneous curved lateral osteotomy; percutaneous transverse osteotomy; conventional straight paramedian osteotomy; piezo and drill paramedian ostectomy; dorsal uncapping osteotomy; conventional rasp gross dorsal contouring; piezo or drill fine dorsal contouring; (cartilaginous) middle vault 'let down'; and minimal access subperiosteal turbinate bone resection were found to best fulfil the criteria of minimally invasive surgery. A classification system for the degree of minimally invasiveness of rhinoplasty techniques is proposed as a basis for discussion.