会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

下第一大臼歯の二次象牙質沈着を評価し、レシーバー操作特性曲線を用いて14歳という法定年齢の閾値を示す。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Med Sci Law.2020 Jul;:25802420936507. doi: 10.1177/0025802420936507.Epub 2020-07-05.

下第一大臼歯の二次象牙質沈着を評価し、レシーバー操作特性曲線を用いて14歳という法定年齢の閾値を示す。

Evaluation of secondary dentin deposition in lower first molars to indicate a legal age threshold of 14 years using receiver operating characteristic curves.

  • Vishali Ravi
  • Amulya Sravan Sp
  • Sudheer B Balla
  • Alekhya Kanaparthi
  • Gayathri Ch
  • Laxmi Prasanna N
PMID: 32627673 DOI: 10.1177/0025802420936507.

抄録

14歳という年齢基準値は、特に児童労働、児童ポルノ、刑事責任の最低年齢が疑われる場合など、子どもが関与する法律違反を立証する上で重要な意味を持つようになってきています。近年、歯の退行性変化の解析を用いた小児および成人以下の年齢評価に大きな関心が寄せられており、特に医学的に法的に重要な年齢閾値に注目が集まっている。本研究では、年齢閾値が14歳の12歳から16歳の南インドの子供のサンプルを用いて、Olze et"Zs_A0"al.による歯根の可視性の段階の感度と特異性を、レシーバー操作特性曲線と曲線下面積(AUC)を用いて比較することを目的としました。歯根の視認性の4つのステージのうち、ステージ2は女性と男性の両方のコホートで最も高いAUCを示した。ステージ2では、感度が低く特異度が高い値を記録しており、タイプIIエラー(偽陰性)の可能性を示唆していた。男女ともにステージ2の方が高いAUCを示した(女性では0.696、男性では0.706)。以上の結果から,下顎第一大臼歯におけるこの病期分類法は,14歳という法定年齢のしきい値を示す上では限られた価値しかないと結論づけることができる.今後の研究では,より大規模なサンプルで提案された方法を検証し,この分野での予測を改善する方法を検討する必要がある.

The age threshold of 14 years has become vital in proving legal violations involving children, particularly in cases of suspected child labour, child pornography and the minimum age of criminal responsibility. In recent years, there has been great interest in the evaluation of age in children and sub-adults using analysis of regressive changes in teeth, with a particular focus on age thresholds that are of medico-legal importance. This research aimed to compare the sensitivity and specificity of stages of root pulp visibility by Olze et al. in a sample of South Indian children aged between 12 and 16 years, with an age threshold of 14 years, using receiver operating characteristic curves and the area under the curve (AUC). Among the four stages of root pulp visibility, stage 2 showed the highest AUC in both female and male cohorts. For stage 2, lower sensitivity and higher specificity values were recorded, indicating the possibility of type II errors (i.e. false negatives). In both sexes, stage 2 had a higher AUC (i.e. 0.696 in females and 0.706 in males, respectively). Based on our findings, it can be concluded that this staging method in lower first molars is of limited value in indicating the legal age threshold of 14 years. Future research should validate the proposed approach in a larger sample and consider how to improve predictions in this area.