会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

視覚と聴覚に障害のある学生とない学生の間の支援的なeラーニングインターフェースの比較研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Disabil Rehabil Assist Technol.2020 Jul;:1-11. doi: 10.1080/17483107.2020.1786733.Epub 2020-07-06.

視覚と聴覚に障害のある学生とない学生の間の支援的なeラーニングインターフェースの比較研究

A comparative study of an assistive e-learning interface among students with and without visual and hearing impairments.

  • Wejdan Farhan
  • Jamil Razmak
PMID: 32627612 DOI: 10.1080/17483107.2020.1786733.

抄録

本研究では、ヒューマン・コンピュータ・インタラクション(HCI)アプローチを用いて、視覚と聴覚のニーズが異なる学生が使用するためのインタラクション機能を備えた新しいeラーニング・インターフェースを提案する。これらの新機能のプロトタイプは、ボタン音声、タブ音声、テキスト音声、手話を可能にするインタラクションパネルを含むいくつかの画面を通して提示された。このインタラクティブ機能は教師によって評価され、視覚と聴覚に障害のある学生とない学生によってテストされました。インターフェイスの評価は混合法デザインを用いて行われ、学生の機能に対する満足度は定量的に測定され、実装における実際の問題点に関する教師の視点は定性的なインタビューを通して調査された。その結果、視覚と聴覚の能力に関係なく、すべての学生が提案されたユーザーインターフェースの新しいインタラクション機能に対する満足度が高いことが示された。研究に携わった教員からは、技術的、財政的、人的資源を含めた必要な支援を提供することで、教育機関との包括的な協力が必要であるとの意見があった。このようなアクセシブルなeラーニングシステムは、教師のサポートとともに、学生の学習プロセスを自己管理することをより包括的に理解し、学生が個々の能力、スケジュール、場所に応じて学習する機会を提供するために必要とされている。

Using a human-computer interaction (HCI) approach, the present study proposes a new e-learning interface with interactional features for use by students with varying visual and hearing needs. Prototypes of these new features have been presented through several screens, including an interaction panel that allows for Button voice, Tab voice, Text voice, and sign language. The interactive features were evaluated by teachers and tested by students with and without visual and hearing impairments. Evaluation of the interface was conducted using a mixed methods design; student satisfaction with the features was measured quantitatively, while teacher perspectives regarding practical issues with implementation were explored through qualitative interviews. The results indicate a high level of satisfaction towards the new interactional features in the suggested user interface among all students regardless of visual and hearing ability. The teachers involved in the study expressed the need for comprehensive cooperation from academic organisations through provision of required support, including technical, financial, and human resources.IMPLICATIONS FOR REHABILITATIONThe existing e-learning systems in higher educational organizations revealed the need to develop and implement instructional communication features based on technological components to support visual-and hearing-impaired students.The implementation of the accessible e-learning system is an important strategical approach to enhance flexible access to learning contents for all students who are unable to attend a traditional mode of learning.This type of accessible e-learning system, along with teachers' support, is needed to develop a more comprehensive understanding of the self-management of the student's learning process; giving students the opportunity to study according to their individual abilities, schedules and locations.The integration of appropriate visual and hearing assistive technology (AT) and its related applications, embedded within the educational technology infrastructure, are important resources to enhance the educational outcomes for visual- and hearingimpaired students.