国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

生検で証明された急性尿細管壊死症と急性間質性腎炎の長期的な腎アウトカム | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Korean Med. Sci..2020 Jul;35(26):e206. 35.e206. doi: 10.3346/jkms.2020.35.e206.Epub 2020-07-06.

生検で証明された急性尿細管壊死症と急性間質性腎炎の長期的な腎アウトカム

Long-term Renal Outcome of Biopsy-proven Acute Tubular Necrosis and Acute Interstitial Nephritis.

  • Hyunseo Kim
  • Sang Kyung Jo
  • Shin Young Ahn
  • Young Joo Kwon
  • Hajeong Lee
  • Jieun Oh
  • Ho Jun Chin
  • Kijoon Lim
  • Junyong Lee
  • Jihyun Yang
  • Myung Gyu Kim
  • Won Yong Cho
  • Se Won Oh
PMID: 32627439 PMCID: PMC7338216. DOI: 10.3346/jkms.2020.35.e206.

抄録

背景:

急性腎障害(AKI)が慢性腎臓病(CKD)に進行することを示唆するエビデンスが出てきているが、AKIの長期的な腎アウトカムはまだ明らかになっていない。急性尿細管壊死(ATN)は、虚血、毒素、敗血症によるAKIの最も一般的な原因である。薬物や自己免疫疾患による急性間質性腎炎(AIN)もAKIの重要な原因として認識されるようになってきています。糸球体疾患とは異なり、AKIは通常、腎生検を行わずに臨床的に診断されることが多く、組織学の欠如がこの不確実性の一因となっている可能性がある。

BACKGROUND: Although emerging evidence suggest acute kidney injury (AKI) progress to chronic kidney disease (CKD), long-term renal outcome of AKI still remains unclear. Acute tubular necrosis (ATN) is the most common cause of AKI due to ischemia, toxin or sepsis. Acute interstitial nephritis (AIN), caused by drugs or autoimmune diseases is also increasingly recognized as an important cause of AKI. Unlike glomerular diseases, AKI is usually diagnosed in the clinical context without kidney biopsies, and lack of histology might contribute to this uncertainty.

方法:

8,769例の生検シリーズのうち、1982年から2018年までに5つの大学病院で組織学的にATNおよびAINと診断された成人253例を対象とした。末期腎疾患(ESRD)の発症に関連する人口統計学的特徴および病理学的特徴についても検討した。

METHODS: Among 8,769 biopsy series, 253 adults who were histologically diagnosed with ATN and AIN from 1982 to 2018 at five university hospitals were included. Demographic and pathological features that are associated with the development of end stage renal disease (ESRD) were also examined.

結果:

6ヵ月後の腎機能の非回復率は、AINで有意に高く(ATN vs AIN 49.3 vs 69.4%、=0.007)、ATNと比較して非回復リスクが2.71倍高かった(95%信頼区間[CI]、1.20~6.47)。平均追跡期間76.5±91.9カ月の間に、AIN患者の39.4%、ATN患者の21.5%でESRDが発症した。ESRDのリスクは、非特異的病理を有する対照群と比較して、AIN群では23.05%(95%CI、2.42-219.53)、ATN群では12.14%(95%CI、1.19-24.24)と有意に高かった。高齢、女性の性別、生検時および 6 ヵ月後の腎機能、蛋白尿、間質性炎症と線維化、尿細管炎、血管病変を含む病理学的特徴は、ESRD への進行と有意に関連していた。

RESULTS: Rate of non-recovery of renal function at 6 month was significantly higher in the AIN (ATN vs AIN 49.3 vs 69.4%, = 0.007) with a 2.71-fold higher risk of non- recovery compared to ATN (95% confidence interval [CI], 1.20-6.47). During the mean follow up of 76.5 ± 91.9 months, ESRD developed in 39.4% of patients with AIN, and 21.5% patients of ATN. The risk of ESRD was significantly higher in AIN (23.05; 95% CI, 2.42-219.53) and also in ATN (12.14; 95% CI, 1.19-24.24) compared to control with non-specific pathology. Older age, female gender, renal function at the time of biopsy and at 6 months, proteinuria and pathological features including interstitial inflammation and fibrosis, tubulitis, vascular lesion were significantly associated with progression to ESRD.

結論:

我々の研究では、生検でATNとAINが証明された患者はESRDを発症するリスクが高いことが明らかになった。AINはATNよりも6ヵ月後の非腎機能回復率が高かった。

CONCLUSION: Our study demonstrated that patients with biopsy proven ATN and AIN are at high risk of developing ESRD. AIN showed higher rate of non-renal recovery at 6 month than ATN.

© 2020 The Korean Academy of Medical Sciences.