会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

再発・難治性中枢神経系腫瘍の小児患者に対する免疫チェックポイント阻害:単一施設での経験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Neurooncol..2020 Jul;10.1007/s11060-020-03578-6. doi: 10.1007/s11060-020-03578-6.Epub 2020-07-05.

再発・難治性中枢神経系腫瘍の小児患者に対する免疫チェックポイント阻害:単一施設での経験

Immune checkpoint inhibition for pediatric patients with recurrent/refractory CNS tumors: a single institution experience.

  • Chantel Cacciotti
  • Jungwhan Choi
  • Sanda Alexandrescu
  • Mary Ann Zimmerman
  • Tabitha M Cooney
  • Christine Chordas
  • Jessica Clymer
  • Susan Chi
  • Kee Kiat Yeo
PMID: 32627129 DOI: 10.1007/s11060-020-03578-6.

抄録

はじめに:

PD-1およびCTLA-4遮断による免疫チェックポイント阻害は、いくつかの成人悪性腫瘍で有効性が示されており、中枢神経系(CNS)腫瘍を含む小児科領域での関心が高まっている。我々は、再発・難治性の小児中枢神経系(CNS)腫瘍における免疫チェックポイント阻害の経験について述べる。

INTRODUCTION: Immune checkpoint inhibition through PD-1 and CTLA-4 blockade has shown efficacy in some adult malignancies and generated interest in pediatrics, including central nervous system (CNS) tumors. We describe our experience with immune checkpoint inhibition in recurrent/refractory pediatric CNS tumors.

方法:

2018年から2019年の間にDana-Farber/Boston小児病院でイピリムマブ、ニボルマブおよび/またはペムブロリズマブによる治療を受けた再発または難治性の中枢神経系腫瘍の小児患者を対象に、レトロスペクティブなカルテレビューを実施した。

METHODS: We performed a retrospective chart review of pediatric patients with recurrent or refractory CNS tumors treated with ipilimumab, nivolumab and/or pembrolizumab at Dana-Farber/Boston Children's Hospital between 2018 and 2019.

結果:

11人の患者が同定された。診断は、びまん性内在性海綿状神経膠腫(DIPG)(n=2)、高悪性度神経膠腫(HGG)(n=5)、上衣腫(n=1)、頭蓋咽頭腫(n=1)、高悪性度神経上皮腫瘍(n=1)および非生殖細胞腫瘍(NGGCT)(n=1)であった。8人の患者は再発したが、3人は難治性であった。9名の患者さんが併用療法(イピリムマブ/ニボルマブ)を受け、2名の患者さんがニボルマブまたはペムブロリズマブを受けた。診断から治療までの期間の中央値は8ヵ月(範囲0.8-156)であった。すべての患者さんが前に放射線療法(RT)を受けており、RTから免疫療法までの期間の中央値は3.8年であった。1人の患者がRTと同時にアジュバント免疫療法を受けていた。治療期間中央値は6.1ヵ月(範囲1~25)であった。治療が中止されたのは9例で、7例は病勢進行によるもので、2例は毒性(大腸炎、トランスアミナーゼ炎)によるものであった。その他の関連する毒性としては、1型糖尿病、甲状腺機能低下症、皮膚毒性がありました。iRANOの基準に基づき、最良の奏効は部分奏効(n=3)、病 態安定(n=7)、進行性疾患(n=1)であった。耐久性のある奏効は2人の患者に認められた。

RESULTS: Eleven patients were identified. Diagnoses included diffuse intrinsic pontine glioma (DIPG) (n = 2), high-grade glioma (HGG) (n = 5), ependymoma (n = 1), craniopharyngioma (n = 1), high-grade neuroepithelial tumor (n = 1) and non-germinomatous germ cell tumor (NGGCT) (n = 1). Eight patients had recurrent disease, while three had refractory disease. Nine patients received combination therapy (ipilimumab/nivolumab); two patients received either nivolumab or pembrolizumab. Median time from diagnosis-to-treatment was 8 months (range 0.8-156). All patients received prior radiation therapy (RT), with median time from RT-to-immunotherapy was 3.8 years. One patient received concurrent then adjuvant immunotherapy with RT. Median duration of treatment was 6.1 months (range 1-25). Therapy was discontinued in nine patients: seven due to disease progression and two due to toxicity (colitis; transaminitis). Other pertinent toxicities included Type 1 diabetes mellitus, hypothyroidism and skin toxicity. Based on iRANO criteria, best responses included partial response (n = 3), stable disease (n = 7) and progressive disease (n = 1). Durable response was noted in two patients.

結論:

免疫チェックポイント阻害薬は、複数の中枢神経系腫瘍の診断を受けた小児患者のコホートにおいて比較的良好な忍容性を示した。プロスペクティブな臨床試験の結果は、臨床上の意思決定に不可欠である。

CONCLUSION: Immune checkpoint inhibition was relatively well tolerated in a cohort of pediatric patients spanning several CNS tumor diagnoses. Results from prospective clinical trials will be critical to inform clinical decisions.