会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

食品中の残留農薬に関する2017年の欧州連合報告書 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
EFSA J.2019 Jun;17(6):e05743. EFS25743. doi: 10.2903/j.efsa.2019.5743.Epub 2019-06-26.

食品中の残留農薬に関する2017年の欧州連合報告書

The 2017 European Union report on pesticide residues in food.

PMID: 32626361 PMCID: PMC7009310. DOI: 10.2903/j.efsa.2019.5743.

抄録

この年次報告書シリーズの最新版では、2017年にEU加盟国、アイスランド、ノルウェーが実施した残留農薬の公式管理活動の詳細が記載されています。規則(EC) No396/2005の第31条に基づき、加盟国は公式管理活動の結果やその他の関連情報を欧州委員会、EFSA、その他の加盟国と共有するよう求められています。報告国から提供された結果に基づき、消費された関連食品における農薬の発生データについて詳細な分析を行い、欧州の消費者が残留農薬に曝露されることに関連する食生活リスクを推定した。全体では、分析した88,247サンプルの95.9%が法定基準値内に収まった(84,627サンプル)。54.1%のサンプルでは定量可能な残留物が報告されておらず(定量限界値(LOQ)以下の残留物レベル)、41.8%のサンプルでは最大残留物レベル(MRL)以下の定量可能な残留物が含まれていた。食事リスク評価では、分析したサンプルについては、欧州市民が健康に悪影響を及ぼす可能性のある残留農薬レベルにさらされる確率は低いことが示された。2017年の結果の分析に基づき、EFSAは、消費者保護の継続的な高水準を確保するために、欧州の管理システムの効率性を高めるためのいくつかの勧告を導き出した。

The latest in this series of annual reports describes in detail the official control activities carried out for pesticide residues by EU Member States, Iceland and Norway in 2017. Under Article 31 of Regulation (EC) No 396/2005, Member States are requested to share the results of their official control activities and other relevant information with the European Commission, EFSA and other Member States. Based on the results provided by the reporting countries, a detailed analysis was performed on the pesticide occurrence data in the relevant food products consumed and the dietary risk related to the exposure of European consumers to pesticide residues was estimated. Overall, 95.9% of the 88,247 samples analysed fell within the legal limits (84,627, samples). In 54.1% of the tested samples, no quantifiable residues were reported (residue levels below the limit of quantification (LOQ)), while 41.8% of the samples analysed contained quantified residues at or below the maximum residue levels (MRLs). The dietary risk assessment indicated that, for the samples analysed, the probability of European citizens being exposed to pesticide residue levels that could lead to negative health outcomes is low. Based on the analysis of the 2017 results, EFSA derived several recommendations to increase the efficiency of the European control systems to ensure a continuing high level of consumer protection.

© 2019 European Food Safety Authority. EFSA Journal published by John Wiley and Sons Ltd on behalf of European Food Safety Authority.