会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

肥育用鶏用GalliPro (DSM 17299)の認可更新申請の評価。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
EFSA J.2019 Apr;17(4):e05687. EFS25687. doi: 10.2903/j.efsa.2019.5687.Epub 2019-04-16.

肥育用鶏用GalliPro (DSM 17299)の認可更新申請の評価。

Assessment of the application for renewal of authorisation of GalliPro ( DSM 17299) for chickens for fattening.

  • Vasileios Bampidis
  • Giovanna Azimonti
  • Maria de Lourdes Bastos
  • Henrik Christensen
  • Birgit Dusemund
  • Maryline Kouba
  • Mojca Kos Durjava
  • Marta López-Alonso
  • Secundino López Puente
  • Francesca Marcon
  • Baltasar Mayo
  • Alena Pechová
  • Mariana Petkova
  • Fernando Ramos
  • Yolanda Sanz
  • Roberto Edoardo Villa
  • Ruud Woutersen
  • Jaime Aguilera
  • Rosella Brozzi
PMID: 32626294 PMCID: PMC7009280. DOI: 10.2903/j.efsa.2019.5687.

抄録

GalliProは、肥育用鶏の飼料に動物工学的添加物(腸内細菌叢安定剤)として使用することを目的とした株の生細胞をベースにした飼料添加物の商品名です。本製品は現在、肥育用鶏への使用が認可されています。本意見書は、この認可の更新に関するものです。 本製品は、対象種、消費者、環境に対する安全性を確立するための適格安全性推定(QPS)アプローチに適しているとEFSAは考えています。添加物に含まれる菌株の身元が確認され、ヒトおよび獣医学的に重要な抗生物質に対する後天的な抗生物質耐性の決定因子と同様に、毒性の可能性がないことが証明されました。したがって、この菌株は対象種、添加物を与えられた動物に由来する製品の消費者及び環境に対して安全であると推定される。添加物の他の成分からは何の懸念も予想されないため、GalliProは対象種、消費者および環境に対して安全であると考えられる。申請者は、現在市場に出回っている添加物が既存の認可条件を満たしているという証拠を提出した。FEEDAPパネルは、GalliProが対象種、消費者、環境に対して安全であるという以前の結論を確認しています。ガリプロは潜在的な呼吸器感作性物質であると考えるべきである。データがないため、FEEDAPパネルはGalliProの皮膚や目の炎症や皮膚感作の可能性について結論を出すことはできません。

GalliPro is the trade name for a feed additive based on viable cells of a strain of intended for use as a zootechnical additive (gut flora stabiliser) in feed for chickens for fattening. The product is currently authorised for use in chickens for fattening. This opinion concerns the renewal of this authorisation. is considered by EFSA to be suitable for the qualified presumption of safety (QPS) approach to establish the safety for the target species, consumers and the environment. The identity of the strain present in the additive was established and evidence was provided on the lack of toxigenic potential as well as acquired antibiotic resistance determinants to antibiotics of human and veterinary importance. Accordingly, this strain is presumed safe for the target species, consumers of products derived from animals fed the additive and the environment. Since no concerns are expected from other components of the additive, GalliPro is considered safe for the target species, consumers and the environment. The applicant has provided evidence that the additive currently in the market complies with the existing conditions of authorisation. The FEEDAP Panel confirms its previous conclusions that GalliPro is safe for the target species; consumers of products from animals fed the additive and the environment. GalliPro should be considered a potential respiratory sensitiser. In the absence of data, the FEEDAP Panel cannot conclude on the potential of GalliPro for skin and eyes irritancy and dermal sensitisation.

© 2019 European Food Safety Authority. EFSA Journal published by John Wiley and Sons Ltd on behalf of European Food Safety Authority.