会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ダヴィンチシングルポート対Xiロボットシステムを使用した性別確認腹膜フラップ膣形成術のアウトカム。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Eur. Urol..2020 Jul;S0302-2838(20)30469-3. doi: 10.1016/j.eururo.2020.06.040.Epub 2020-07-02.

ダヴィンチシングルポート対Xiロボットシステムを使用した性別確認腹膜フラップ膣形成術のアウトカム。

Outcomes of Gender Affirming Peritoneal Flap Vaginoplasty Using the Da Vinci Single Port Versus Xi Robotic Systems.

  • Geolani W Dy
  • Min Suk Jun
  • Gaines Blasdel
  • Rachel Bluebond-Langner
  • Lee C Zhao
PMID: 32624272 DOI: 10.1016/j.eururo.2020.06.040.

抄録

背景:

ダヴィンチXiシステムを用いたロボット支援腹膜フラップ性同一性膣形成術(RPGAV)は、従来の陰茎反転膣形成術に代わる安全な方法であると報告されています。シングルポート(SP)ロボットシステムを利用した手術アプローチは進化しています。

BACKGROUND: Robotic-assisted peritoneal flap gender-affirming vaginoplasty (RPGAV) with the da Vinci Xi system has been reported to be a safe alternative to traditional penile inversion vaginoplasty. Utilizing the Single Port (SP) robot system, our surgical approach has evolved.

目的:

SPロボットを用いたRPGAVのステップバイステップの技術を説明し、XiシステムとSPシステムの結果を比較する。

OBJECTIVE: To describe a step-by-step technique for RPGAV using the SP robot and to compare outcomes between Xi and SP systems.

デザイン、設定、および参加者:

2017 年 9 月から 2019 年 12 月までの間に、合計 145 人のトランスジェンダー女性が RPGAV を受けた。追跡期間が最低6moの患者のデータをレトロスペクティブにレビューした。

DESIGN, SETTING, AND PARTICIPANTS: A total of 145 transgender women underwent RPGAV between September 2017 and December 2019. We retrospectively reviewed data for patients with a minimum 6 mo of follow-up.

外科的処置:

腹膜フラップは、後膀胱と傍房窩から採取します。膣空間は経腹的に解剖される。腹膜フラップには、陰嚢移植片の有無にかかわらず反転陰茎フラップが縫合され、新膣頂を形成します。

SURGICAL PROCEDURE: Peritoneal flaps are harvested from the posterior bladder and pararectal fossa. The vaginal space is dissected transabdominally. Inverted penile flap with or without scrotal graft is sutured to the peritoneal flaps, which form the neovaginal apex.

測定:

人口統計学、周術期データ、臨床転帰を評価した。

MEASUREMENTS: Demographics, perioperative data, and clinical outcomes were evaluated.

結果と限界:

合計100人(Xi=47;SP=53)の患者が最低6moのフォローアップを受けた。平均年齢は36.2歳(範囲16.1~71.4歳)であった。平均手技時間はXi群で4.2時間、SP群で3.7時間であった(p <0.001)。平均追跡期間11.9ヵ月(6.0~25.4ヵ月)における膣の深さと幅は、Xi群で13.6(9.7~14.5)と3.7(2.9~3.8)cm、SP群で14.1(9.7~14.5)と3.7(3.5~3.8)cmであった(それぞれp=0.07、0.04)。合併症は輸血(6%)、直腸膣瘻(1%)、腸閉塞(2%)、骨盤膿瘍(1%)、膣狭窄(7%)であった。

RESULTS AND LIMITATIONS: A total of 100 (Xi = 47; SP = 53) patients had a minimum 6 mo of follow-up. The mean age was 36.2 (range 16.1-71.4) yr. Average procedure times were 4.2 and 3.7 h in Xi and SP cohorts, respectively (p <0.001). At the mean follow-up of 11.9 (range 6.0-25.4) mo, vaginal depth and width were 13.6 (range 9.7-14.5) and 3.7 (range 2.9-3.8) cm in the Xi group, and 14.1 (range 9.7-14.5) and 3.7 (range 3.5-3.8) cm in the SP group (p =0.07 and 0.04, respectively). Complications included transfusion (6%), rectovaginal fistula (1%), bowel obstruction (2%), pelvic abscess (1%), and vaginal stenosis (7%).

結論:

SPロボットを使用したRPGAVでは、デュアルサージェンによる腹腔・腹腔アプローチが容易になり、手術時間を短縮することができます。2つのアプローチの間には合併症率に差はありません。

CONCLUSIONS: RPGAV using the SP robot reduces operative time by facilitating a dual-surgeon abdominal-perineal approach. There is no difference in complication rates between the two approaches.

患者の概要:

我々は2つのロボットシステムを用いたロボット腹膜フラップ膣形成術の転帰を研究した。どちらのシステムでも、患者は平均1年の追跡調査で良好な膣の深さと幅を有していた。手術時間はシングルポート(SP)ロボットの方が短かった。

PATIENT SUMMARY: We studied the outcomes of robotic peritoneal flap vaginoplasty with two robot systems. With both systems, patients had good vaginal depth and width at an average follow-up of 1 yr. Surgery time was shorter with the Single Port (SP) robot.

Copyright © 2020 European Association of Urology. Published by Elsevier B.V. All rights reserved.