会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

二価カチオンとビクトグラビルの共同投与による HIV-1 ウイルス学的リバウンド | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Infect Dis Ther.2020 Jul;10.1007/s40121-020-00307-4. doi: 10.1007/s40121-020-00307-4.Epub 2020-07-04.

二価カチオンとビクトグラビルの共同投与による HIV-1 ウイルス学的リバウンド

HIV-1 Virologic Rebound Due to Coadministration of Divalent Cations and Bictegravir.

  • Alex E Rock
  • Patricia L DeMarais
  • Pamala T Vergara-Rodriguez
  • Blake E Max
PMID: 32623580 DOI: 10.1007/s40121-020-00307-4.

抄録

2価および3価の陽イオン(Ca、Fe、Mg、Al、Zn)とHIV-1インテグラーゼ鎖移動阻害剤(INSTI)との間には、潜在的な薬物-薬物相互作用が存在する。この潜在的な相互作用の臨床的意義を記載した症例報告は限られており、我々の知る限りでは、INSTIと亜鉛の併用投与を確認した症例はない。本報告では、ビクトグラビル/エムトリシタビン/テノフォビルアラフェナミドを服用している患者で、亜鉛とカルシウムのサプリメントを摂取した後にウイルス感染を起こし、その後、サプリメントを中止した後にウイルス学的な再抑制を得ることができた患者を紹介している。この症例は、一般的に処方されている抗レトロウイルス薬と市販されている二価カチオン製剤との間に潜在的な重大な薬物相互作用があることを示しています。

A potential drug-drug interaction exists between divalent and trivalent cations (Ca, Fe, Mg, Al, Zn) and HIV-1 integrase strand transfer inhibitors (INSTIs). There are limited case reports describing the clinical significance of this potential interaction and none to our knowledge identifying zinc co-administration with INSTIs. In this report we present a patient taking bictegravir/emtricitabine/tenofovir alafenamide who became viremic after ingesting zinc and calcium supplements and later was able to obtain virologic re-suppression after discontinuing supplements. This case represents a potential significant drug interaction between a commonly prescribed antiretroviral drug class and readily available over-the-counter divalent cation products.