会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

47歳の2型糖尿病患者における内臓脂肪組織の減少によるメタボリックシンドロームの解決 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Diabetes Metab Syndr.2020 Jun;14(5):1001-1004. S1871-4021(20)30155-7. doi: 10.1016/j.dsx.2020.05.036.Epub 2020-06-16.

47歳の2型糖尿病患者における内臓脂肪組織の減少によるメタボリックシンドロームの解決

Resolution of Metabolic syndrome with reduction of visceral adipose tissue in a 47 year old patient with Type 2 Diabetes Mellitus.

  • Gerald C Dembrowski
  • Jessica W Barnes
PMID: 32622208 DOI: 10.1016/j.dsx.2020.05.036.

抄録

背景と目的:

メタボリックシンドローム(MetS)は、内臓脂肪率、インスリン抵抗性、高血圧、脂質異常症を含む代謝異常のクラスタとして定義され、現在の治療に効果的な補完的なアプローチの必要性を強調する米国で成人の 3 分の 1 以上に影響を与えます。

BACKGROUND AND AIMS: Metabolic syndrome (MetS), defined as a cluster of metabolic abnormalities including visceral adiposity, insulin resistance, hypertension, and dyslipidemia, now affects more than a third of adults in the United States highlighting the need for effective complementary approaches to current treatments.

方法:

MetSの既往歴があり、コントロール不良の2型糖尿病(T2D)の47歳男性が、超低カロリー食(VLCD)を含む20Lighterプログラム(20L)を完了した症例を紹介する。登録時のBMIは32.7、HbA1cは9.6%、処方された薬歴はリシノプリル、ロバスタチン、メトホルミン、グリメピリド、シタグリプチン/メトホルミンの併用などであった。

METHODS: We present a case report of a 47-year-old man with a history of MetS and poorly controlled Type 2 Diabetes Mellitus (T2D) who completed a 20Lighter program (20L) including a very low calorie diet (VLCD). At the time of enrollment his BMI was 32.7, HbA1c was 9.6%, and prescription medication history included lisinopril, lovastatin, and metformin, glimepiride, and combination sitagliptin/metformin.

結果:

20L開始15週後(プログラム終了6週後)に体重、内臓脂肪組織の著しい減少、HbA1Cの正常化が認められ、すべての薬剤を休薬した。

RESULTS: Fifteen weeks after beginning 20L (6 weeks after program completion) marked reduction of weight, visceral adipose tissue and normalization of HbA1C was seen, and all medications were withdrawn.

結論:

より長い追跡調査が必要であるが、この症例報告は、比較的短期間の完全な栄養学的VLCDを含む包括的なプログラムを実施した後、徐々に中等度の食生活に戻すことで、MetSとコントロール不良のT2D患者の健康とQOLを臨床的に有意に改善できることを示している。

CONCLUSIONS: While longer follow-up is required, this case report shows that a comprehensive program including a relatively short period of nutritionally complete VLCD, followed by gradual return to moderate dietary lifestyle is capable of producing clinically significant improvements in health and quality of life in individuals with MetS and poorly controlled T2D.

Copyright © 2020 Diabetes India. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.