国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

Gluconacetobacter diazotrophicus (Gd6PGD)由来の新規な膜関連6-ホスホグルコン酸デヒドロゲナーゼの構造から、短鎖6PGDのサブファミリーが明らかになった | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
FEBS J..2020 Jul;doi: 10.1111/febs.15472.Epub 2020-07-04.

Gluconacetobacter diazotrophicus (Gd6PGD)由来の新規な膜関連6-ホスホグルコン酸デヒドロゲナーゼの構造から、短鎖6PGDのサブファミリーが明らかになった

The structure of a novel membrane-associated 6-phosphogluconate dehydrogenase from Gluconacetobacter diazotrophicus (Gd6PGD) reveals a subfamily of short-chain 6PGDs.

  • Pedro D Sarmiento-Pavía
  • Annia Rodríguez-Hernández
  • Adela Rodríguez-Romero
  • Martha E Sosa-Torres
PMID: 32621793 DOI: 10.1111/febs.15472.

抄録

酵素6-ホスホグルコン酸脱水素酵素は、6-ホスホグルコン酸のリブロース-5-リン酸への変換を触媒する。この酵素は、ヌクレオチドや核酸の合成に不可欠なリボース前駆体を生成する酸化的リン酸ペントース経路の重要な反応です。私たちは、この酵素の立体構造を酢酸菌グルコナセトバクター・ジアゾトロフィカス(Gd6PGD)から初めて決定することに成功しました。活性なGd6PGDはホモ二量体(70 kDa)であり、窒素固定性微生物の可溶性画分と膜画分の両方に存在していた。Gd6PGDは、長鎖サブファミリー(480AA)(例えば、Oviss aries、Homo sapiens)と比較して、新たに記載された短鎖(333A)6PGDのサブファミリーに属している。Gd6PGDの短いアミノ酸配列は、C末端ドメインの疎水性残基の露出を誘導する。このような構造的特徴が、Gd6PGDが膜に結合するための鍵を握っています。さらに、機能の面では、短鎖6PGDはNADPよりもNADを好むようで、エネルギー保存のために酸素を水に還元するために末端オキシダーゼによって必要とされる微生物の膜結合NADHデヒドロゲナーゼにNADHを提供しています。

The enzyme 6-phosphogluconate dehydrogenase catalyzes the conversion of 6-phosphogluconate to ribulose-5-phosphate. It represents an important reaction in the oxidative Pentose Phosphate Pathway, producing a ribose precursor essential for nucleotide and nucleic acid synthesis. We succeeded, for the first time, to determine the three-dimensional structure of this enzyme from an acetic acid bacterium, Gluconacetobacter diazotrophicus (Gd6PGD). Active Gd6PGD, a homodimer (70 kDa), was present both in the soluble and the membrane fraction of the nitrogen-fixing microorganism. The Gd6PGD belongs to the newly described subfamily of short-chain (333 AA) 6PGDs, compared to the long-chain subfamily (480 AA) (e.g. Ovis aries, Homo sapiens). The shorter amino acid sequence in Gd6PGD induces the exposition of hydrophobic residues in the C-terminal domain. This distinct structural feature is key for the protein to associate with the membrane. Furthermore, in terms of function, the short-chain 6PGD seems to prefer NAD over NADP , delivering NADH to the membrane-bound NADH dehydrogenase of the microorganisms required by the terminal oxidases to reduce dioxygen to water for energy conservation.

This article is protected by copyright. All rights reserved.