会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

外来診療中の肥満の思春期患者における摂食行動、体格測定および生化学的測定値、およびペプチドYY(PYY)ホルモンレベルとの関連。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Pediatr. Endocrinol. Metab..2020 Jul;/j/jpem.ahead-of-print/jpem-2020-0033/jpem-2020-0033.xml. doi: 10.1515/jpem-2020-0033.Epub 2020-07-03.

外来診療中の肥満の思春期患者における摂食行動、体格測定および生化学的測定値、およびペプチドYY(PYY)ホルモンレベルとの関連。

Association between eating behavior, anthropometric and biochemical measurements, and peptide YY (PYY) hormone levels in obese adolescents in outpatient care.

  • Simone P Fernandes
  • Janine Alessi
  • Zilda E A Santos
  • Elza D de Mello
PMID: 32621732 DOI: 10.1515/jpem-2020-0033.

抄録

目的 肥満の青年の摂食行動と生化学的、体組成学的、ペプチドYY(PYY)測定値との関連を評価する。方法 肥満の青少年 51 名を対象に、毎月 12 回の予約で体重管理のためのカウンセリングを実施した。空腹時血清中のPYY値、総コレステロール(TC)、高密度リポ蛋白コレステロール(HDL-C)、トリグリセリド(TG)、低密度リポ蛋白コレステロール(LDL-C)、インスリンとグルコースレベル、ウエスト周囲長(WC)、3因子摂食質問票(TFEQ-21)の結果を評価した。結果 1年間で、PYY値の有意な増加(p = 0.026)、TC値の減少(p = 0.003)、TG値(p"Zs_A0"="Zs_A0"0.022)、BMI値(p = 0.002)、BMIのzスコア(p < 0.001)、WC値(p = 0.003)が認められた。この期間中、コントロールされていない摂食スコア (UE) の減少があった、思春期の若者がより多くのセルフコントロール (p = 0.008) を研究の終わりに表示されたことを示しています; しかし、この結果は、BMI と BMI の z スコア (p = 0.407) とは独立していました。UE の減少はインスリン値の有意な改善と関連していた(rs = 0.326;p = 0.020)。また、UEの低下は、血糖値の低下(rs = 0.332; p = 0.017)、認知抑制の増加と関連し、インスリン値の低下(rs = -0.294; p = 0.036)、TG値の低下(rs = -0.368; p"Zs_A0"="Zs_A0"0.008)、認知抑制の増加とも関連していた。結論 我々の結果は、1年間の体重減少をモニタリングした後、思春期の若者はよりコントロールされた摂食行動を示し、PYY値が増加し、体重が減少したことを示している。

Objective To evaluate the eating behavior of obese adolescents and its association with biochemical, anthropometric and peptide YY (PYY) measures. Methods Fifty-one obese adolescents received counseling for weight management at 12 monthly appointments. Fasting serum PYY levels, total cholesterol (TC), high density lipoprotein cholesterol (HDL-C), triglycerides (TG), low density lipoprotein cholesterol (LDL-C), insulin and glucose levels, waist circumference (WC) and results from the Three-Factor Eating Questionnaire (TFEQ-21) were assessed. Results Over one year there was a significant increase in PYY levels (p = 0.026), reduction in TC (p = 0.003), TG (p = 0.022), BMI (p = 0.002), BMI z-score (p < 0.001) and WC (p = 0.003). During this period there was a decrease in the uncontrolled eating score (UE), illustrating that adolescents displayed more self-control (p = 0.008) at the end of the study; however, this result was independent of BMI and BMI z-score (p = 0.407). The reduction in UE was associated with a significant improvement in insulin levels (rs = 0.326; p = 0.020). The reduction in UE was also associated with lower levels of blood glucose (r = 0.332; p = 0.017), and the increase of cognitive restriction, with the reduction of insulin insulin (rs = -0.294; p = 0.036) and TG (r = -0.368; p = 0.008) and an increase in Cognitive Restraint. Conclusions Our results show that after a year of monitoring weight loss, adolescents had more controlled eating behaviors, increased PYY levels, and reduced weights.