会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

11歳児の肩に発生した孤立性結節。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Dermatol. Online J..2020 Apr;26(4). 13030/qt3s78h37h. Epub 2020-04-15.

11歳児の肩に発生した孤立性結節。

Solitary nodule on the shoulder of an 11-year-old child.

  • Mariana Esteves
  • Sofia Lopes
  • Maria João Cruz
  • Filomena Azevedo
  • Alberto Mota
PMID: 32621688

抄録

叢状線維組織細胞性腫瘍は中悪性度の珍しい軟部組織新生物であり、最も頻繁に無痛性でゆっくりと成長する結節として発生し、小児および若年成人に明確な好発性を示す。我々は健康な11歳の少年で、左肩に無症候性の皮膚結節を1年前から認めた。病理組織学的および免疫組織化学的検査の結果、lexiform fibrohistiocytic tumorと診断された。通常良性の臨床経過をたどるにもかかわらず、この新生物は頻繁な局所再発と時折の転移を起こしやすい。小児患者における拡大結節の鑑別診断において考慮すべきである。

Plexiform fibrohistiocytic tumor is an uncommon soft tissue neoplasm of intermediate malignancy, most frequently occurring as a painless, slow-growing nodule that shows a distinct predilection for children and young adults. We report a healthy 11-year-old boy presenting with a 1-year history of an asymptomatic cutaneous nodule on his left shoulder. Histopathological and immunohistochemical analysis confirmed a diagnosis of plexiform fibrohistiocytic tumor. Despite following a usually benign clinical course, this neoplasm is prone to frequent local recurrence and occasional metastatic ability. It should be considered in the differential diagnosis of an enlarging nodule in pediatric patients.