国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

微小血管再建術を用いた TORS における後咽頭内頸動脈管理 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Laryngoscope.2020 Jul;doi: 10.1002/lary.28876.Epub 2020-07-04.

微小血管再建術を用いた TORS における後咽頭内頸動脈管理

Retropharyngeal Internal Carotid Artery Management in TORS Using Microvascular Reconstruction.

  • Harman S Parhar
  • Robert M Brody
  • David Shimunov
  • Karthik Rajasekaran
  • Christopher H Rassekh
  • Devraj Basu
  • Bert W O'Malley
  • Ara A Chalian
  • Jason G Newman
  • Laurie Loevner
  • Jillian W Lazor
  • Gregory S Weinstein
  • Steven B Cannady
PMID: 32621638 DOI: 10.1002/lary.28876.

抄録

目的:

経口的ロボット手術(TORS)のガイドラインでは,術中の血管損傷や周術期の脳血管事故の理論的リスクのために,一般的に後咽頭頸動脈を有する患者は手術禁忌とされてきた。我々は、慎重なTORS支援切除とフリーフラップカバレッジが術中傷害を回避し、血管カバレッジのための物理的バリアを提供するだけでなく、十分なマージンコントロールを達成できることを実証することを目的とした。

OBJECTIVES: Guidelines for transoral robotic surgery (TORS) have generally regarded patients with retropharyngeal carotid arteries as contraindicated for surgery due to a theoretical risk of intraoperative vascular injury and/or perioperative cerebrovascular accident. We aimed to demonstrate that careful TORS-assisted resection and free flap coverage could not only avoid intraoperative injury and provide a physical barrier for vessel coverage but also achieve adequate margin control.

研究デザイン:

レトロスペクティブコホート解析。

STUDY DESIGN: Retrospective cohort analysis.

方法:

2015年から2019年の間にTORS、頸部同時剥離術、フリーフラップ再建術を受けた口腔咽頭悪性腫瘍および放射線学的に確認された後咽頭内頸動脈の患者を対象としたレトロスペクティブレビュー。

METHODS: Retrospective review of patients with oropharyngeal malignancies and radiologically confirmed retropharyngeal carotid arteries who underwent TORS, concurrent neck dissection, and free flap reconstruction between 2015 and 2019.

結果:

扁桃腺腫瘍19例(95.0%)、扁桃腺拡張が著しい舌底腫瘍1例(5.0%)の計20例を対象とした。18人の患者(90.0%)は橈骨動脈前腕フラップ、尺骨動脈前腕フラップ1人(5.0%)、大腿部前方フラップ1人(5.0%)を受けた。20個のフラップはすべて(100%)、下顎骨切開を行わずに経頸椎と経鼻を組み合わせたアプローチで挿入された。周術期死亡、頸動脈損傷、咽頭出血、頸部血腫、脳血管事故はなかった。1人の患者(5.0%)がフラップ不全を起こし、摘出手術を必要とした。すべての患者が除菌を受け、完全経口食を再開した。平均入院期間は6.8日(標準偏差1.2)であった。1例(5.0%)の患者には陽性マージンが認められた。

RESULTS: Twenty patients were included, 19 (95.0%) with tonsillar tumors and one (5.0%) with a tongue base tumor with significant tonsillar extension. Eighteen patients (90.0%) received a radial artery forearm flap, one (5.0%) an ulnar artery forearm flap, and one (5.0%) an anteromedial thigh flap. All 20 (100%) flaps were inset through combined transcervical and transoral approaches without mandibulotomy. There were no perioperative mortalities, carotid injuries, oropharyngeal bleeds, cervical hematomas, or cerebrovascular accidents. One patient (5.0%) had a free flap failure requiring explant. All patients underwent decannulation and resumed a full oral diet. The mean length of hospitalization was 6.8 (standard deviation 1.2) days. One (5.0%) patient had a positive margin.

結論:

今回の解析では、口咽頭悪性腫瘍と後咽頭頸動脈を有する患者20例にTORS、頸部郭清、微小血管再建術を施行したが、重篤な合併症(周術期死亡率、血管損傷、神経学的後遺症)は認められず、許容できる陰性マージン率であった。これらの結果は、一般的にTORSの禁忌とされている術式の再考につながるかもしれません。

CONCLUSION: In this analysis, 20 patients with oropharyngeal malignancy and retropharyngeal carotid arteries underwent TORS, neck dissection, and microvascular reconstruction without serious complication (perioperative mortality, vascular injury, or neurologic sequalae) with an acceptable negative margin rate. These results may lead to a reconsideration of a commonly held contraindication to TORS.

証拠レベル:

3 喉頭鏡、2020年。

LEVEL OF EVIDENCE: 3 Laryngoscope, 2020.

© 2020 The American Laryngological, Rhinological and Otological Society, Inc.