国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

小児リンパ管切開術における中耳水の長期的影響. | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Laryngoscope.2020 Jul;doi: 10.1002/lary.28860.Epub 2020-07-04.

小児リンパ管切開術における中耳水の長期的影響.

Long-term Impact of Middle Ear Effusion in Pediatric Tympanostomy Tubes.

  • Thomas M Kaffenberger
  • Michael A Belsky
  • Nicholas R Oberlies
  • Aarti Kumar
  • Joseph P Donohue
  • Tiffany S Yang
  • Amber D Shaffer
  • David H Chi
PMID: 32621539 DOI: 10.1002/lary.28860.

抄録

目的・考え方:

両側性ミリンゴトミー・チムパノストミーチューブ留置術(BMT)は、米国で最も多く行われている小児外科手術である。術中の中耳滲出液(MEE)は、再発性急性中耳炎(RAOM)の小児における将来のBMTの危険因子である。しかし、MEEの種類がどのような影響を及ぼすかは不明である。ここでは、術中MEEの種類と手術適応に基づいて耳鼻咽喉科的転帰を評価する。

OBJECTIVES/HYPOTHESIS: Bilateral myringotomy and tympanostomy tube placement (BMT) is the most common pediatric surgery in the United States. Intraoperative middle ear effusion (MEE) is a risk factor for future BMTs in children with recurrent acute otitis media (RAOM). However, the impact of the type of MEE is unknown. Here, we assess otologic outcomes based on intraoperative MEE type and indication for surgery.

研究デザイン:

症例シリーズのチャートレビュー。

STUDY DESIGN: Case series chart review.

方法:

機関審査委員会の承認を得て、2008年から2009年の間にBMTを受けた小児を対象にレビューを行った。対象となった患者は、初回のBMT、術前訪問、手術報告を受けていた。口蓋裂またはDown症候群の患者は除外された。手術の適応はRAOMと胸水を伴う慢性中耳炎(COME)であった。その他の評価変数は、将来のBMT、後天性胆汁腫、および耳鼻咽喉科であった。統計解析にはロジスティック回帰を用いた。

METHODS: After institutional review board approval, we performed a review of children undergoing BMTs between 2008 and 2009. Included patients had their first BMT, preoperative visit, and an operative report. Patients with cleft palate or Down syndrome were excluded. Indications for surgery included RAOM and chronic otitis media with effusion (COME). Other variables evaluated were future BMT, acquired cholesteatoma, and otorrhea. Logistic regression was used for statistical analysis.

結果:

レビューされた1,045人の患者のうち、680人が含まれ、最初のBMTを受けた。RAOMを有する患者は619人であった。血性滲出液は22.2%、粘液性が31.3%、膿性が12.9%、文書化されていないものや血状のものが2.3%、中耳が乾燥しているものが31.2%であった。さらに、22.7%の患者が将来BMTを受けていた。RAOM患者では、漿液性胸水は穿孔のオッズを減少させ(オッズ比[OR]:0.195、95%信頼区間[CI]:0.0438-0.867、P = 0.032)、膿性胸水は乾燥している患者と比較して、院内での耳かき吸引のオッズを増加させた(OR:2.13、95%CI:1.20-3.77、P = 0.010)。ムコイド性胸水は、COMEまたはRAOM患者の転帰には有意な影響を与えなかった。

RESULTS: Out of 1,045 patients reviewed, 680 were included and underwent their first BMT. There were 619 patients who had RAOM. Serous effusions were present in 22.2%, mucoid in 31.3%, purulent in 12.9%, undocumented or bloody in 2.3% of patients, and 31.2% of patients had dry middle ears. Moreover, 22.7% of patients underwent future BMTs. In RAOM patients, serous effusions decreased odds of perforation (odds ratio [OR]: 0.195, 95% confidence interval [CI]: 0.0438-0.867, P = .032), and purulent effusions increased the odds of in-office otorrhea suctioning (OR: 2.13, 95% CI: 1.20-3.77, P = .010) compared to dry. Mucoid effusions had no significant effect on outcomes in COME or RAOM patients.

結論:

術中のMEEは68.7%の症例で認められた。膿性胸水はRAOM患者の院内吸引の確率を高めた。

CONCLUSIONS: Intraoperative MEEs were noted in 68.7% of cases; purulent effusions increase the odds of in-office suctioning in RAOM patients.

証拠レベル:

4 喉頭鏡、2020年。

LEVEL OF EVIDENCE: 4 Laryngoscope, 2020.

© 2020 The American Laryngological, Rhinological and Otological Society, Inc.