会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

高分解能質量分析法によるAverrhoa carambola L.樹皮中の二次代謝物の同定とα-グルコシダーゼ、チロシナーゼ、エラスターゼ、抗酸化力の評価 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Food Chem.2020 Jun;332:127377. S0308-8146(20)31239-5. doi: 10.1016/j.foodchem.2020.127377.Epub 2020-06-23.

高分解能質量分析法によるAverrhoa carambola L.樹皮中の二次代謝物の同定とα-グルコシダーゼ、チロシナーゼ、エラスターゼ、抗酸化力の評価

Identification of secondary metabolites in Averrhoa carambola L. bark by high-resolution mass spectrometry and evaluation for α-glucosidase, tyrosinase, elastase, and antioxidant potential.

  • Syful Islam
  • Md Badrul Alam
  • Arif Ahmed
  • Seulgidaun Lee
  • Sang-Han Lee
  • Sunghwan Kim
PMID: 32619942 DOI: 10.1016/j.foodchem.2020.127377.

抄録

本研究では、Averrhoa carambola L. bark (ABE)のエタノール抽出物から二次代謝物を同定するために、ペーパースプレーイオン化(PSI)と高分解能質量分析法を組み合わせて使用した。その結果、フェノール酸、フラボノイド、キサントン、テルペノイドを含む様々な植物成分が樹皮から同定された。ABEは潜在的な抗酸化活性を示すとともに,α-グルコシダーゼ,エラスターゼ,チロシナーゼの酵素活性を濃度依存的に顕著に阻害した。ABEは低濃度でα-グルコシダーゼを有意に阻害した(IC:7.15±0.06μg/mL)。ABEの生物学的活性を理解するために、同定された化合物を試験した。実験の結果、同定された化合物の一つであるノルタチオールは、有意なα-グルコシダーゼ阻害作用(IC:0.81±0.01μg/mL)及び1,1-ジフェニル-2-ピクリルヒドラジル(DPPH)ラジカル消去作用(IC:4.90±0.09μg/mL)を有していることが示唆された。ABEは100mg/kgの用量で経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)において食後血糖値を有意に低下させた。本研究は、カランボラ樹皮が生理活性化合物の潜在的な供給源となり得ることを示している。

In this study, paper spray ionization (PSI) coupled to high-resolution mass spectrometry has been used to identify secondary metabolites from ethanol extracts of Averrhoa carambola L. bark (ABE). Various phytoconstituents including phenolic acids, flavonoids, xanthones and terpenoids were identified from the bark. ABE shows potential antioxidant activity as well as markedly inhibited α-glucosidase, elastase, and tyrosinase enzyme activities in a concentration-dependent fashion, respectively. ABE significantly inhibited α-glucosidase at lower concentration (IC: 7.15 ± 0.06 μg/mL). Identified compounds were tested to understand the biological activity of ABE. Experimental results suggest that norathyriol, one of the identified compounds, has significant α-glucosidase (IC: 0.81 ± 0.01 μg/mL) inhibition and 1,1-diphenyl-2-picrylhydrazyl (DPPH) radical scavenging activities (IC: 4.90 ± 0.09 μg/mL). At a dose of 100 mg/kg, ABE significantly decreased the postprandial blood glucose level in oral glucose tolerance test (OGTT). This study shows that carambola bark can be a potential source of bioactive compounds.

Copyright © 2020 Elsevier Ltd. All rights reserved.