会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

グレリン受容体作動薬カプロモレリンの健康猫におけるグルコース代謝への影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Domest. Anim. Endocrinol..2020 Apr;74:106484. S0739-7240(20)30051-5. doi: 10.1016/j.domaniend.2020.106484.Epub 2020-04-18.

グレリン受容体作動薬カプロモレリンの健康猫におけるグルコース代謝への影響

The effect of the ghrelin-receptor agonist capromorelin on glucose metabolism in healthy cats.

  • J Pires
  • R L Greathouse
  • N Quach
  • M O Huising
  • K R Crakes
  • M Miller
  • C Gilor
PMID: 32619812 DOI: 10.1016/j.domaniend.2020.106484.

抄録

膵島デルタ細胞からのソマトスタチン分泌は、β細胞に負のフィードバックを与え、インスリン分泌を抑制することで、低血糖変動(GV)を維持する上で重要である。カプロモレリンはグレリン受容体アゴニストであり、デルタ細胞上の成長ホルモン分泌促進受容体を活性化する。我々は、猫においてカプロモレリンを投与すると、インスリン分泌と耐糖能の低下を犠牲にしてGVが低下するという仮説を立てた。健康な猫7匹に1日目から30日目までカプロモレリンを投与した。初日後、空腹時血糖は上昇(+13±3mg/dL、P<0.0001)、インスリンは減少(+128±122ng/dL、P=0.03)し、グルカゴンは変化しなかった。血糖値は、第一期インスリン反応の鈍化([FPIR] 4,931 ± 2,597ng/L/15min)を伴う1日目の静脈内グルコース耐性試験を通して、-3日目(17,437 ± 8,302ng/L/15min、P = 0.004)と比較して増加した。30日目にはFPIRは依然として鈍化していたが(9,993±4,285ng/L/15min、P = 0.045)、耐糖能はベースラインに戻った。平均間質性グルコースは2~4日目に上昇(+19±6mg/dL、P = 0.03)したが、27~29日目にはベースラインに戻った(P = 0.3)。2~4日目には、GVはベースラインと比較して増加(SD = 9.7 ± 3.2)し(SD = 5.0 ± 1.1、P = 0.02)、27~29日目にはベースラインに戻った(SD = 6.1 ± 1.1、P = 0.16)。要約すると、カプロモレリンは、治療の初期にインスリン分泌および血糖コントロールの低下およびグルコース変動の増加を引き起こしたが、これらの効果は治療の30dの終わりに向かって減少した。

Somatostatin secretion from islet delta cells is important in maintaining low glycemic variability (GV) by providing negative feedback to beta cells and inhibiting insulin secretion. Capromorelin is a ghrelin-receptor agonist that activates the growth hormone secretagogue receptor on delta cells. We hypothesized that in cats, capromorelin administration will result in decreased GV at the expense of reduced insulin secretion and glucose tolerance. Seven healthy cats were treated with capromorelin from days 1-30. After the first day, fasting blood glucose increased (+13 ± 3 mg/dL, P < 0.0001), insulin decreased (+128 ± 122 ng/dL, P = 0.03), and glucagon was unchanged. Blood glucose was increased throughout an intravenous glucose tolerance test on day 1 with blunting of first-phase insulin response ([FPIR] 4,931 ± 2,597 ng/L/15 min) compared with day -3 (17,437 ± 8,302 ng/L/15 min, P = 0.004). On day 30, FPIR was still blunted (9,993 ± 4,285 ng/L/15 min, P = 0.045), but glucose tolerance returned to baseline. Mean interstitial glucose was increased (+19 ± 6 mg/dL, P = 0.03) on days 2-4 but returned to baseline by days 27-29 (P = 0.3). On days 2-4, GV was increased (SD = 9.7 ± 3.2) compared with baseline (SD = 5.0 ± 1.1, P = 0.02) and returned to baseline on days 27-29 (SD = 6.1 ± 1.1, P = 0.16). In summary, capromorelin caused a decline in insulin secretion and glycemic control and an increase in glucose variability early in the course of treatment, but these effects diminished toward the end of 30 d of treatment.

Copyright © 2020 Elsevier Inc. All rights reserved.