会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

冠動脈の寸法に対する温度上昇の影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Forensic Sci. Int..2020 Jun;314:110390. S0379-0738(20)30252-8. doi: 10.1016/j.forsciint.2020.110390.Epub 2020-06-24.

冠動脈の寸法に対する温度上昇の影響

The effects of elevated temperature on coronary artery dimensions.

  • Vladimir Živković
  • Danica Cvetković
  • Ivan Zaletel
  • Roger Byard
  • Slobodan Nikolić
PMID: 32619778 DOI: 10.1016/j.forsciint.2020.110390.

抄録

火災で発生した死亡の解釈は、多くの組織の痕跡によって複雑になることが多い。この実験研究の目的は、熱にさらされた冠動脈が形態を変化させているかどうかを調べることであった。外傷により死亡し、冠動脈の動脈硬化の巨視的証拠のない健康な男性10人から、それぞれ2つの冠動脈の標本を採取した。1つの標本はホルマリンで直ちに固定され(対照群)、もう1つの標本は高温(70℃で5分間)にさらされた後、固定された(実験群)。動脈壁の形態分析では、実験群の組織試料で約45%の有意な肥厚が認められ(対照群と実験群:604.8μm vs. 879.2μm、p<0.002)、中膜中膜(4%)と比較して、中膜内膜および外膜(70%および>50%)の肥厚が非常に顕著であった。もう一つの特徴は、加熱されたすべての動脈において、内部弾性ラミナの部分的または完全な喪失であった。本研究の結果は、火災による死亡例における冠動脈の形態を慎重に解釈すべきであることを示唆している。なぜならば、冠動脈の肉厚は基礎疾患の状態によるものではなく、単に熱曝露によるものである可能性があり、不正確な病理学的解釈につながる可能性があるからである。このことは、死亡した運転手やパイロットが事故の責任を評価される場合には、医学的 法的にも大きな意味を持つかもしれない。

The interpretation of deaths occurring in fires is often complicated by numerous tissue artefacts. The aim of this experimental study was to see whether coronary arteries exposured to heat may have altered morphology. Two specimens of coronary arteries were taken from each of 10 previously healthy men, who died due to trauma, who had no macroscopic evidence of coronary atherosclerosis - one specimen was immediately fixed in formalin (control group), while the other was exposed to high temperature (70°C for five minutes), and then fixed (experimental group). Morphometric analysis of arterial walls showed significant thickening of about 45 % in tissue samples from the experimental group (control vs. experimental: 604.8μm vs. 879.2μm, p<0.002), with much more prominent thickening of the tunica intima and externa (70 % and>50 %), compared to the tunica media (4%). Another feature was either partial or complete loss of the internal elastic lamina in all of the heated arteries. The results of the current study suggest that the morphology of coronary arteries in cases of fire-related deaths should be carefully interpreted, since the thickness of their wall could be increased not due to underlying disease states, but simply due to heat exposure, which may lead to inaccurate pathological interpretations. This may have considerable medicolegal significance if a deceased driver or pilot is being assessed for liability in an accident.

Copyright © 2020. Published by Elsevier B.V.