会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

神経学的低リソース環境における神経学的罹患率と死亡率。ナイジェリアの病院の2年間の監査 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Neurologist.2020 Jul;25(4):93-96. 00127893-202007000-00003. doi: 10.1097/NRL.0000000000000279.

神経学的低リソース環境における神経学的罹患率と死亡率。ナイジェリアの病院の2年間の監査

Neurological Morbidity and Mortality in a Neurological Low-Resource Setting: A 2-Year Audit of a Nigerian Hospital.

  • Folajimi M Otubogun
PMID: 32618837 DOI: 10.1097/NRL.0000000000000279.

抄録

背景:

特にサハラ以南のアフリカのような資源の少ない地域では、神経疾患の負担に関する情報はまだ少ない。本研究の目的は、北西部ナイジェリアの第三次病院の成人患者における、罹患率および死亡率を含む神経障害の負担を2年間にわたって報告することであった。

BACKGROUND: There is still a paucity of information on the burden of neurological disorders particularly in low-resource settings such as sub-Saharan Africa. The objective of this study was to report the burden of neurological disorders, including morbidity and mortality, in adult patients at a Northwestern Nigerian tertiary hospital over a 2-year period.

材料および方法:

2015年7月1日から2017年6月30日までの成人の医療入院の監査を実施した。医療入院に関する匿名化されたデータは、入院登録から取得した。関心のある一次アウトカムと二次アウトカムは、それぞれ神経学的診断と臨床アウトカムであった。神経学的割合と一般医療的割合とアウトカムの間の差について、5%の有意水準を設定して Pearson χ検定および独立 t 検定を用いて検定した。

MATERIALS AND METHODS: An audit of adult medical admissions from July 1, 2015, to June 30, 2017, was conducted. Anonymized data on medical admissions were retrieved from admission registries. Primary and secondary outcomes of interest were neurological diagnoses and clinical outcomes, respectively. The Pearson χ and independent t tests were used to test for differences between neurological and general medical proportions and outcomes with a 5% significance level set.

結果:

2年間で、2772人の成人が入院した。神経学的罹患率は成人の全入院患者のほぼ10分の1(9.1%)であったが、神経学的死亡率は全死亡患者の5分の1以上(22.2%)を占めていた。脳卒中は神経学的罹患率(62.9%)と死亡率(79.8%)の主な原因であった。神経系の感染症およびてんかんは、神経学的罹患の他の頻度の高い原因であった。神経学的な患者では転帰率が低かった(死亡率:神経学的、55.5%;医療的、19.5%、P<0.001)。

RESULTS: Over the 2-year period, 2772 adults were admitted. Neurological morbidity comprised almost a 10th of all adult medical admissions (9.1%), whereas neurological mortality accounted for more than a fifth of all deaths (22.2%). Stroke was the leading cause of neurological morbidity (62.9%) and mortality (79.8%). Infections of the nervous system and epilepsy were other frequent causes of neurological morbidity. Outcomes were poorer for neurological patients (fatality rates: neurological, 55.5%; medical, 19.5%, P<0.001).

結論:

神経疾患は、成人の医学的罹患率と、それ以上に死亡率の重要な原因であった。脳血管疾患と神経系の感染症が死亡率の主な原因であった。これらの負の結果を予防し、逆転させるためには、リソースの少ない環境に適した費用対効果の高い戦略が必要である。

CONCLUSIONS: Neurological disorders were a significant cause of adult medical morbidity and, to a greater extent, of mortality. Cerebrovascular disease and infections of the nervous system were major drivers of mortality. Cost-effective strategies appropriate for low-resource settings are required to prevent and reverse these negative outcomes.