会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

難治性食道狭窄に対する柔軟な内視鏡的戦略 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Curr. Opin. Gastroenterol..2020 Jun;doi: 10.1097/MOG.0000000000000658.Epub 2020-06-28.

難治性食道狭窄に対する柔軟な内視鏡的戦略

Flexible endoscopic strategies for the difficult esophageal stricture.

  • Mary Raina Angeli Abad
  • Yusuke Fujiyoshi
  • Haruhiro Inoue
PMID: 32618615 DOI: 10.1097/MOG.0000000000000658.

抄録

レビューの目的:

様々な原因による良性の食道狭窄は、臨床では頻繁に遭遇する。内視鏡的拡張術は未だに標準的で第一選択の治療法であるが、複雑で困難な食道狭窄は未だに遭遇しており、内視鏡医にとっての課題となっている。この論文の主な目的は、複雑で困難な食道狭窄に対する様々な内視鏡モダリティとアプローチを詳しく見ていくことである。

PURPOSE OF REVIEW: Benign strictures of the esophagus, caused by various causes, are frequently encountered in clinical practice. Although endoscopic dilation is still the standard and first-line therapy, complex and difficult esophageal strictures are still encountered and remain a challenge to endoscopists. The main scope of this review article is to offer a closer look at the different endoscopic modalities and approaches to complex and difficult esophageal strictures.

最近の発見:

ここ数年、難治性・再発食道狭窄の予防・管理には、内視鏡的拡張術、自己拡張性・生分解性のステントを含むステント、切開治療、薬理学的治療が活用されている。一方、代替法としてBougieCap、経皮経胃内視鏡的筋切開術、スコープ貫通型ステント、放射状切開・切断術などが開発されている。これらの新しい方法を利用した多くの研究では、複雑で困難な食道ストリクトの治療において有望な結果が得られている。

RECENT FINDINGS: In the past few years, endoscopic dilatation, stents including self-expandable and biodegradable types, incisional therapy, and pharmacological treatments have been utilized in the prevention and management of refractory and recurrent esophageal strictures. Meanwhile, more recent techniques such as the BougieCap, percutaneous transgastric endoscopic myotomy, through-the-scope stents, radial incision and cutting, etc. have been developed as alternative methods. A number of studies utilizing these newer methods have shown promising results in the treatment of complex and difficult esophageal strictures.

まとめ:

難治性で複雑で困難な食道裂孔に対する内視鏡的治療は、多くの内視鏡医にとって未だに課題となっている。バルーン拡張術やブギー拡張術が第一選択の治療法であることに変わりはないが、他の治療法も登場してきており、内視鏡的拡張術の補助的な治療法となる可能性がある。

SUMMARY: Endoscopic treatment of refractory, complex and difficult esophageal strictures still remains to be a challenge for many endoscopists. While balloon or bougie dilatation still remains to be the first-line approach, other techniques have emerged as treatment alternatives and may become adjunct therapy to endoscopic dilatation.