会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

無洗浄DNA検出のための表面プラズモン場誘導フォトレドックス触媒と媒介電子移動 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Angew. Chem. Int. Ed. Engl..2020 Jun;doi: 10.1002/anie.202007318.Epub 2020-06-17.

無洗浄DNA検出のための表面プラズモン場誘導フォトレドックス触媒と媒介電子移動

Surface-Plasmonic-Field-Induced Photoredox Catalysis and Mediated Electron Transfer for Washing-Free DNA Detection.

  • Jihyeon Kim
  • Jongkyoon Park
  • Seonhwa Park
  • Jeongwook Seo
  • Jeongwook Kwon
  • Hyunsoo Lee
  • Seungchul Kim
  • Haesik Yang
PMID: 32618117 DOI: 10.1002/anie.202007318.

抄録

距離依存性のある電磁放射と電子移動は、それぞれ無洗浄蛍光と電気化学バイオアッセイで一般的に用いられてきた。ここでは、この2つの距離依存的な現象を組み合わせて、高感度な無洗浄DNA検出を実現している。距離依存的な表面プラズモン場は、表面結合型触媒ラベルの迅速なフォトレドックス触媒反応を誘導し、距離依存的な電子移動は、表面結合型ラベルから電極への迅速な電子移動を可能にする。最適なシステムは、化学的に可逆的なアクセプター(Ru(NH 3 ) 6 3+ )、化学的に可逆的なフォトレドックス触媒(エオシンY)、化学的に不可逆的なドナー(トリエタノールアミン)から構成されている。O2による副反応はフォトレドックス触媒の効率を大きく低下させない。また、電極とラベルの間の距離を長くすることで、電極とラベルの間のエネルギー移動の消光量を下げることができます。無洗浄でDNA検出が可能であり、バッファー中では0.3nM、血清中では0.4nMの検出限界が得られます。

Distance-dependent electromagnetic radiation and electron transfer have been commonly employed in washing-free fluorescence and electrochemical bioassays, respectively. Here, we combine the two distance-dependent phenomena to obtain sensitive washing-free DNA detection. Distance-dependent surface plasmonic field induces rapid photoredox catalysis of surface-bound catalytic labels, and distance-dependent mediated electron transfer allows for rapid electron transfer from the surface-bound labels to the electrode. An optimal system consists of a chemically reversible acceptor (Ru(NH 3 ) 6 3+ ), a chemically reversible photoredox catalyst (eosin Y), and a chemically irreversible donor (triethanolamine). The side reactions by O 2 do not significantly decrease the efficiency of photoredox catalysis. The energy transfer quenching between the electrode and label can be lowered by increasing the distance between them. Washing-free DNA detection permits a detection limit of ~0.3 nM in buffer and ~0.4 nM in serum without a washing step.

© 2020 WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim.