会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

審美的被覆ニッケルチタン(NiTi)アーチワイヤーの表面形状および曲げ特性に及ぼす胃酸の影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin Oral Investig.2020 Jul;10.1007/s00784-020-03438-7. doi: 10.1007/s00784-020-03438-7.Epub 2020-07-03.

審美的被覆ニッケルチタン(NiTi)アーチワイヤーの表面形状および曲げ特性に及ぼす胃酸の影響

Effect of gastric acids on surface topography and bending properties of esthetic coated nickel-titanium orthodontic archwires.

  • Shaymaa Elsaka
  • Ali Hassan
  • Amr Elnaghy
PMID: 32617780 DOI: 10.1007/s00784-020-03438-7.

抄録

目的:

本研究の目的は,審美的被覆ニッケルチタン(NiTi)アーチワイヤの表面形状と曲げ特性に及ぼす模擬胃酸溶液の影響を評価することであった.

OBJECTIVE: The purpose of this study was to evaluate the effect of simulated gastric acid solution on surface topography and bending properties of esthetic coated nickel-titanium (NiTi) archwires.

材料および方法:

本研究では、3種類のブランドのホワイトコーティングされた超弾性NiTiアッパーアーチワイヤを使用した。Dany、Perfect、およびNitaniumである。各ホワイトコーティングされたNiTiアーチワイヤのコーティングされていない金属領域は、コーティングされた領域との比較のために使用された。各アーチワイヤの試験片は,以下のようにコーティングに応じて2つのグループに分けた.グループA、コーティングされていない、およびグループB、コーティング。次いで、各グループを浸漬媒体に応じて以下のようにさらに細分化した。サブグループ1は人工唾液に浸漬し、サブグループ2は模擬胃酸に浸漬した。表面粗さ、表面形態、および三点曲げ試験を実施した。データは、ANOVAおよびTukey検定を用いて統計的に分析した。

MATERIALS AND METHODS: Three brands of as-received white-coated superelastic NiTi upper archwires were used in this study: Dany, Perfect, and Nitanium. Uncoated metallic areas for each white-coated NiTi archwire were used for comparison with the coated areas. The specimens for each archwire were divided into two groups according to coating as follows: Group A, uncoated, and group B, coated. Then, each group was further subdivided into two subgroups according to the immersion medium as follows: Subgroup 1, immersed in artificial saliva, and subgroup 2, immersed in simulated gastric acid. Surface roughness, surface morphology, and three-point bending test were performed. The data were analyzed statistically using ANOVA and Tukey test.

結果:

模擬胃酸溶液に浸漬したアーチワイヤーは,人工唾液に浸漬したアーチワイヤーよりも有意に高い表面粗さを示し,ローディングおよびアンローディング時の力が低かった(P < 0.001).完璧なアーチワイヤは、DanyおよびNitaniumアーチワイヤと比較して有意に最も高い表面粗さを示した(P < 0.001)。コーティングされていないアーチワイヤは、すべてのグループにおいてコーティングされたアーチワイヤと比較して、より高いローディングおよびアンローディング力を示した(P < 0.001)。ニタニウム製アーチワイヤは、異なるたわみにおいて最も低い荷重とアンローディング力を示した(P < 0.001)。

RESULTS: The archwires immersed in simulated gastric acid solution showed significantly higher surface roughness and lower forces on loading and unloading than the archwires immersed in artificial saliva (P < 0.001). Perfect archwire showed significantly the highest surface roughness compared with Dany and Nitanium archwires (P < 0.001). The uncoated archwires showed higher loading and unloading forces compared with coated archwires for all groups (P < 0.001). Nitanium archwire showed the lowest loading and unloading forces at different deflections (P < 0.001).

結論:

模擬胃酸溶液は,所定のたわみで加わる力の量を大幅に減少させることができた.コーティングされたアーチワイヤの荷重-たわみおよび表面粗さ特性は、コーティング材料の種類によって影響を受けた。

CONCLUSIONS: The simulated gastric acid solution decreased considerably the amount of force applied at a given deflection. The loading-deflection and surface roughness properties of coated archwires were affected by the type of coating material.

臨床応用:

胃酸が歯列矯正用アーチワイヤーの表面および機械的特性に及ぼす影響は,コーティング材料の種類に依存することが示唆された.

CLINICAL RELEVANCE: The impact of gastric acids on surface and mechanical properties of orthodontic archwires depend on type of coating materials.