会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

臼蓋骨周囲骨折:オステオシンセシス)。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Chirurg.2020 Jul;10.1007/s00104-020-01228-1. doi: 10.1007/s00104-020-01228-1.Epub 2020-07-02.

臼蓋骨周囲骨折:オステオシンセシス)。

[Periprosthetic fractures of the acetabulum: osteosynthesis].

  • A Trulson
  • M Beck
  • J Friederichs
  • S Wittenberg
  • A J Schreiner
  • F M Stuby
  • U Stöckle
PMID: 32617613 DOI: 10.1007/s00104-020-01228-1.

抄録

ほとんどの場合、寛骨臼周囲骨折は複雑な損傷であり、医療チームにとって非常に困難なものである。長年にわたり、人口動態の変化により、この全体的に稀な疾患の頻度が増加している。近年、いくつかの治療アルゴリズムが発表され、標準化された治療コンセプトを開発する可能性が出てきた。骨折の分類と術前戦略は、患者中心のケアの質を高めるために非常に重要である。文献では、術中骨折の頻度は当初0.4%とされていたが、いくつかの研究では、術中骨折の割合がはるかに高く、いわゆるオカルト骨折と呼ばれるCT(コンピュータ断層撮影)で検出されたことが発表されている。その原因は多因子性であり、セメントフリーの圧入式寛骨臼カップを使用したか、セメント製のものを使用したかとの間に有意な関連性がある。約75%の症例では、低エネルギーの衝撃が骨折の原因であった。これらの患者では、骨物質の骨粗鬆症性変化や低悪性度の感染症の可能性など、全身的なプロセスを考慮すべきである。この論文では、寛骨臼周囲骨折の診断、計画、課題、骨合成治療の選択肢について概説する。

In most cases periprosthetic fractures of the acetabulum are complex injuries and are extremely challenging for the treating medical team. Over the years the frequency of this overall rare entity has increased due to demographic changes. In recent years several treatment algorithms were published and provided the possibility of developing standardized treatment concepts. The classification of the fractures and a dedicated preoperative strategy are highly important for the quality of patient-centered care. In the literature the frequency of intraoperative fractures was initially given as 0.4%; however, several studies have been published in which a far higher rate of intraoperative fractures was detected by computed tomography (CT), often referred to as so-called occult fractures. The causes are multifactorial and there is significant association with whether cement-free press-fit acetabular cups were used or cemented forms. In approximately 75% of the cases a low energy impact was the cause of the fracture. In these patients systemic processes, such as osteoporotic alterations of the bony substance or the possible presence of low-grade infections should be considered. This article gives an overview of the diagnostics, planning, challenges and osteosynthetic treatment options for periprosthetic fractures of the acetabulum.