国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

うつ病のグリア変性モデルにおけるグリア喪失を逆転させることによる行動変化に対するジンセノサイドRfの抗うつ効果 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Ginseng Res.2020 Jul;44(4):603-610. S1226-8453(18)30294-X. doi: 10.1016/j.jgr.2019.08.005.Epub 2019-08-22.

うつ病のグリア変性モデルにおけるグリア喪失を逆転させることによる行動変化に対するジンセノサイドRfの抗うつ効果

Antidepressant effects of ginsenoside Rf on behavioral change in the glial degeneration model of depression by reversing glial loss.

  • Yunna Kim
  • Hwa-Young Lee
  • Yu-Jin Choi
  • Seung-Hun Cho
PMID: 32617040 PMCID: PMC7322760. DOI: 10.1016/j.jgr.2019.08.005.

抄録

背景:

うつ病は、アストロサイト病変を示す神経精神疾患の一つです。ジンセノサイドRf(G-Rf)は、神経精神疾患の治療に用いられてきたサポニンである。我々は、脳内アストロサイトの減少を特徴とする大うつ病性疾患の代表的なモデルであるL-α-アミノアジピン酸(L-AAA)を投与したマウスにG-Rfを導入し、その抗うつ作用を検討することを目的とした。

Background: Depression is a common neuropsychiatric disease that shows astrocyte pathology. Ginsenoside Rf (G-Rf) is a saponin found in which has been used to treat neuropsychiatric diseases. We aimed to investigate antidepressant properties of G-Rf when introduced into the L-alpha-aminoadipic acid (L-AAA)-infused mice model which is representative of a major depressive disorder that features diminished astrocytes in the brain.

方法:

マウスの前頭前野(PFC)にL-AAを注入し、アストロサイトの減少を誘導した。マウスにはG-RF(20 mg/kg)を経口投与し、対照としてビヒクルのみまたはイミプラミン(20 mg/kg)を投与した。マウスのうつ病様行動を強制水泳試験(FST)と尾部懸垂試験(TST)を用いて評価した。その結果、PFCにおけるアストログリア障害の回復と増殖細胞の増加、およびそれに伴う海馬の変化をウエスタンブロットおよび免疫組織化学で観察し、G-RFの効果を評価した。

Methods: L-AAA was infused into the prefrontal cortex (PFC) of mice to induce decrease of astrocytes. Mice were orally administered G-Rf (20 mg/kg) as well as vehicle only or imipramine (20 mg/kg) as controls. Depression-like behavior of mice was evaluated using forced swimming test (FST) and tail suspension test (TST). We observed recovery of astroglial impairment and increased proliferative cells in the PFC and its accompanied change in the hippocampus by Western blot and immunohistochemistry to assess the effect of G-Rf.

結果:

L-AAAをPFCに注射したマウスでは、PFCの神経細胞に大きな変化は見られなかったが、FSTとTSTの不動時間が増加し、アストロサイトの消失が見られた。また、G-Rfを投与したマウスでは、FSTおよびTSTの不動時間の減少がビヒクル投与マウスに比べて有意に大きく、不動時間はシャムマウスおよびイミプラミン投与マウスに比べてほぼ回復していた。G-RFは、L-AAによって減少したPFCにおけるグリア線維性酸性タンパク質(GFAP)の発現とKi-67の発現を増加させ、海馬におけるアストログリアの変化を緩和させた。

Results: After injection of L-AAA into the PFC, mice showed increased immobility time in FST and TST and loss of astrocytes without significant neuronal change in the PFC. G-Rf-treated mice displayed significantly more decreased immobility time in FST and TST than did vehicle-treated mice, and their immobility time almost recovered to those of the sham mice and imipramine-treated mice. G-Rf upregulated glial fibrillary acidic protein (GFAP) expression and Ki-67 expression in the PFC reduced by L-AAA and also alleviated astroglial change in the hippocampus.

結論:

また、G-RFはL-AAにより減少した海馬のアストロサイトの変化を緩和するとともに、うつ病様の行動変化を顕著に反転させ、L-AAにより誘発されたPFCのアストロサイトアブレーションに対する保護効果を示した。これらの保護作用は、G-RFが大うつ病性障害の治療薬になる可能性を示唆している。

Conclusion: G-Rf markedly reversed depression-like behavioral changes and exhibited protective effect against the astrocyte ablation in the PFC induced by L-AAA. These protective properties suggest that G-Rf might be a therapeutic agent for major depressive disorders.

© 2019 The Korean Society of Ginseng. Publishing services by Elsevier B.V.