会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

MiR-3150b-3pはTNFRSF11aを標的とすることで子宮頸がん細胞の増殖と浸潤を抑制する。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Investig. Med..2020 Jul;jim-2020-001284. doi: 10.1136/jim-2020-001284.Epub 2020-07-02.

MiR-3150b-3pはTNFRSF11aを標的とすることで子宮頸がん細胞の増殖と浸潤を抑制する。

MiR-3150b-3p inhibits the proliferation and invasion of cervical cancer cells by targeting TNFRSF11a.

  • Zhijuan Yu
  • Liguo Wang
  • Xiujuan Li
PMID: 32616510 DOI: 10.1136/jim-2020-001284.

抄録

本研究の目的は、子宮頸がん(CC)の進行におけるmiR-3150b-3pの役割を明らかにすることであった。miR-3150b-3p、TNFRSF11a、およびp38マイトジェン活性化プロテインキナーゼ(MAPK)シグナル伝達経路の発現を調べるために、リアルタイムPCRおよびウエスタンブロット解析を行った。miR-3150b-3pとTNFRSF11aとの相互作用をルシフェラーゼアッセイで検証した。また、細胞増殖、遊走、浸潤については、CCK-8、創傷治癒、Transwellアッセイを用いて解析した。本研究では、miR-3150b-3pがCC細胞株において有意にダウンレギュレーションされていることを示した。さらに、miR-3150b-3pはHeLa細胞とSiHa細胞の増殖、遊走、浸潤を著しく減少させた。さらに、TNFRSF11aがCC細胞におけるmiR-3150b-3pの新たな標的であることを明らかにした。TNFRSF11aの発現を強めると、miR-3150b-3pの抗腫瘍効果は消失した。また、miR-3150b-3pはp38 MAPKシグナル伝達経路の制御にも関与していた。以上の結果から、miR-3150b-3pはTNFRSF11aを直接標的にしてp38 MAPKシグナル伝達経路を不活性化し、CC細胞の増殖制御に関与していることが示唆された。

The objective of this study was to determine the role of miR-3150b-3p in the cervical cancer (CC) progression. Real-time PCR and western blot analysis were conducted to test the expression of miR-3150b-3p, TNFRSF11a and p38 mitogen-activated protein kinase (MAPK) signaling pathway. The interaction between miR-3150b-3p and TNFRSF11a was verified by luciferase assay. Cell proliferation, migration and invasion were determined by CCK-8, wound healing and Transwell assays. In this study, we showed that miR-3150b-3p was significantly downregulated in CC cell lines. Additionally, miR-3150b-3p markedly attenuated the proliferation, migration and invasion of HeLa and SiHa cells. Moreover, we identified TNFRSF11a to be a novel target of miR-3150b-3p in CC cells. Enforced expression of TNFRSF11a abolished the antitumor effect of miR-3150b-3p. Besides, miR-3150b-3p was involved in the regulation of the p38 MAPK signaling pathway. In conclusion, our data suggested that miR-3150b-3p directly targets TNFRSF11a to inactivate the p38 MAPK signaling pathway, thus implicating miR-3150b-3p in the regulation of CC cell growth.

© American Federation for Medical Research 2020. Re-use permitted under CC BY-NC. No commercial re-use. Published by BMJ.