国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

橈骨と尺骨の回転解剖学。外科的意味合い | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Hand Surg Am.2020 Jun;S0363-5023(20)30220-3. doi: 10.1016/j.jhsa.2020.04.018.Epub 2020-06-29.

橈骨と尺骨の回転解剖学。外科的意味合い

Rotational Anatomy of the Radius and Ulna: Surgical Implications.

  • Parham Daneshvar
  • Ryan Willing
  • Michael Lapner
  • Markian A Pahuta
  • Graham J W King
PMID: 32616408 DOI: 10.1016/j.jhsa.2020.04.018.

抄録

目的:

前腕骨の回転解剖学は十分に定義されていない。本研究は、橈骨と尺骨のねじれについての理解を深め、治療の指針とすることを目的としている。

PURPOSE: The rotational anatomy of the forearm bones is not well defined. This study aims to further the understanding of the torsion of the radius and ulna to better guide treatment.

方法:

98名の死体の前腕のコンピュータ断層撮影画像を取得し、橈骨と尺骨の3次元モデルを作成して解析した。橈骨の回転は、橈骨遠位中心軸(DRCA)と橈骨遠位皮質(DR)および上腕二頭筋結節(BT)の向きを比較することで評価した。尺骨の回転は、尺骨近位部に対する尺骨頭の向きを評価することで評価した。

METHODS: Computed tomography images of 98 cadaveric forearms were obtained and 3-dimensional models of the radius and ulna were generated and analyzed. The rotation of the radius was evaluated by comparing the orientation of the distal radius central axis (DRCA) with the volar cortex of the distal radius (DR) and biceps tuberosity (BT). The rotation of the ulna was evaluated by assessing the orientation of the ulnar head with respect to the proximal ulna.

結果:

DRの距骨皮質は遠位から近位に向かって発音します。距骨皮質はDRCAから43.8°±16.9°上向きであった(範囲、2.7°~86.5°)。対側の上腕二頭筋結節間の回転の平均差は7.0°±7.1°であった。DRの大腿骨皮質はDRCAと比較して12.6°±5.4°上向きであった。尺骨頭は、大シグモイドノッチに対して8.4°±14.9°(範囲、50.3°の発音から22.0°の上向き)であった。

RESULTS: The DR volar cortex pronates from distal to proximal. The BT was 43.8° ± 16.9° supinated from the DRCA (range, 2.7°-86.5°). The mean difference in rotation between contralateral biceps tuberosities was 7.0° ± 7.1°. The volar cortex of the DR was 12.6° ± 5.4° supinated compared with the DRCA. The ulnar head was pronated 8.4° ± 14.9° with respect to the greater sigmoid notch (range, 50.3° pronation-22.0° supination).

結論:

尺骨結節はDRとの相対的な向きは様々であるが、一般的には仰臥位の腕の前方に位置するか、橈骨スタイロイドとは反対側の136°に位置している。橈骨と尺骨の回転解剖学を理解することは、手術計画とインプラント設計において重要な役割を果たすことができます。橈骨と尺骨の回転解剖学は個人差が大きいが、対側の四肢では類似している。

CONCLUSIONS: The BT has a variable orientation relative to the DR, but it is generally located anteromedially in a supinated arm or 136° opposite the radial styloid. Understanding the rotational anatomy of the radius and ulna can play an important role in surgical planning and implant design. The rotational anatomy of the radius and ulna varies significantly between individuals, but is similar in contralateral limbs.

臨床的関連性:

橈骨遠位部大動脈皮質の回転解剖学は、DR骨折や骨折性跛行の治療の指針となるだけでなく、特に骨欠損がある場合の手首関節形成術インプラントの位置決めにも有用である。この研究で示された左右の類似性は、セグメント骨欠損や骨折性不和を有する患者や関節再建を必要とする患者の管理に役立つはずである。

CLINICAL RELEVANCE: Distal radius volar cortex rotational anatomy can help guide treatment of DR fractures and malunions as well as assist in positioning of wrist arthroplasty implants, particularly in the presence of bone loss. The side-to-side similarities demonstrated in this study should be helpful in managing patients with segmental bone loss or fracture malunion and those requiring joint reconstruction.

Copyright © 2020 American Society for Surgery of the Hand. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.