会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

複合飼料を給与した北京ダックの成長成績、枝肉形質、肉質、栄養利用率、アミノ酸の標準化された回腸消化率に及ぼす飼料タンパク質量とプロテアーゼ添加の影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Poult. Sci..2020 Jul;99(7):3557-3566. S0032-5791(20)30223-6. doi: 10.1016/j.psj.2020.03.047.Epub 2020-04-27.

複合飼料を給与した北京ダックの成長成績、枝肉形質、肉質、栄養利用率、アミノ酸の標準化された回腸消化率に及ぼす飼料タンパク質量とプロテアーゼ添加の影響

Effects of dietary protein levels and protease supplementation on growth performance, carcass traits, meat quality, and standardized ileal digestibility of amino acid in Pekin ducks fed a complex diet.

  • Q D Wang
  • K Y Zhang
  • Y Zhang
  • S P Bai
  • X M Ding
  • J P Wang
  • H W Peng
  • G Tian
  • Y Xuan
  • Z W Su
  • Q F Zeng
PMID: 32616252 DOI: 10.1016/j.psj.2020.03.047.

抄録

本研究では、複合飼料を給与したペキンカモの成長成績、枝肉形質、肉質、栄養素利用率、アミノ酸の標準化された回腸消化率に及ぼす飼料中のCP濃度とプロテアーゼ添加の影響について検討した。合計960羽の14日齢の雄鴨の体重を測定し、2×5因子配置の10の治療法に無作為に割り付け、1つの治療法につき6つの複製ペン、1つのペンにつき16羽の鴨を49D齢まで給餌した。実験因子は、13.5から17.5%の範囲の5つの食事CPレベル、およびプロテアーゼ(200mg/kg)の補充の有無を含んでいた。28日目から34日目までの間に、消化性および代謝性試験を行った。胸肉収量、DM、エネルギーおよび窒素利用率、ならびに7アミノ酸の標準化された回腸消化率値について、CP×プロテアーゼの有意な相互作用(P<0.05)が観察された。プロテアーゼの補給に関わらず、13.5、14.5、15.5%CP を給与したアヒルは、16.5、17.5%CP を給与したアヒルに比べて、生育成績及び乳肉収量が劣っていた(P<0.05)。13.5% CP を給与したアヒルは、アミノ酸の標準化された回腸消化率と同様に、肉質、飼料 DM、エネルギーおよび窒素利用率に正の効果があった(P<0.05)。プロテアーゼの補給は、CPレベルに関係なく、DMとリンの保持を増加させ(P < 0.05)、胸肉のせん断力を減少させ(P < 0.05)、CP=14.5%の場合、プロテアーゼは有意に胸筋収量を増加させた(P < 0.05)。BWGとFIのためのプロテアーゼ補給の有無にかかわらず、最適なCP要件は、線形破線回帰に基づいて、それぞれ17.02または16.53%と16.64または16.75%であった。

This study aimed to investigate to the effects of dietary CP levels and protease supplementation on growth performance, carcass traits, meat quality, nutrients utilization, and standardized ileal digestibility of amino acid in Pekin ducks fed a complex diet. A total of 960 14-day-old male ducks were weighed and randomly allotted to a 2 × 5 factorial arrangement of 10 treatments with 6 replicate pens per treatment and 16 ducks per pen fed to 49 D of age. Experimental factors included five dietary CP levels ranging from 13.5 to 17.5% and with or without protease (200 mg/kg) supplementation. Between day 28 to 34, the digestible and metabolizable trials were performed. Significant CP × protease interactions (P < 0.05) on breast meat yield, DM, energy and nitrogen utilization, as well as standardized ileal digestibility values of 7 amino acids were observed. Regardless of protease supplementation, ducks fed 13.5, 14.5, and 15.5% CP had a poorer (P < 0.05) growth performance and breast meat yield than ducks fed with 16.5 and 17.5% CP. Ducks fed 13.5% CP had a positive effect (P < 0.05) on meat quality, dietary DM, energy and nitrogen utilization as well as standardized ileal digestibility of amino acids. Protease supplementation increased (P < 0.05) DM and phosphorus retention and decreased (P < 0.05) shear force of breast meat, regardless of CP level; when CP = 14.5%, protease significantly increased (P < 0.05) breast muscle yield. The optimal CP requirement without or with protease supplementation for BWG and FI were 17.02 or 16.53% and 16.64 or 16.75%, respectively, based on linear broken-line regression.

Copyright © 2020. Published by Elsevier Inc.