会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

モリンガオレイフェラ茎(MOS)加工飼料を給与した場合の産卵鴨の成長・産卵成績および免疫・抗酸化活性に及ぼす影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Poult. Sci..2020 Jul;99(7):3445-3451. S0032-5791(20)30238-8. doi: 10.1016/j.psj.2020.04.002.Epub 2020-04-24.

モリンガオレイフェラ茎(MOS)加工飼料を給与した場合の産卵鴨の成長・産卵成績および免疫・抗酸化活性に及ぼす影響

Effects of feeding diets with processed Moringa oleifera stem meal on growth and laying performance, and immunological and antioxidant activities in laying ducks.

  • S L Yang
  • R C Yang
  • X Zhou
  • S H Yang
  • L L Luo
  • Y C Zhu
  • Surintorn Boonanuntan
PMID: 32616238 DOI: 10.1016/j.psj.2020.04.002.

抄録

本研究は、モリンガオレイフェラ茎(MOS)ミールのカモへの影響を調べるために実施した。1D齢の合計225羽のアヒルを、25羽ずつ3つのレプリケートで3つの食餌処理群に無作為に割り付けた。成長実験は63Dで行った。卵実験は年齢の23〜27 wkから開始した。アヒルは無作為に、それぞれ15の3つの複製で3つの治療群に割り付けられた。1)コントロール(CON)、基底食+0%MOSミール、2)基底食+2%MOSミール、3)基底食+4%MOSミール。0~4 wk齢の間に、2% MOS食を与えられたアヒルは、1日平均飼料摂取量(ADFI)と1日平均利得(ADG; P<0.05)の有意な増加を示し、4% MOS食を与えられたアヒルは、飼料換算率(FCR; P<0.05)の有意な改善を持っていました。しかし、ADFI、ADG、FCRは5~9wk齢では有意な影響を受けなかった(P>0.05)。また、卵産生実験では、ADFI、平均卵重量、産卵率、FCRは4%MOS飼料で有意に増加した(P<0.05)。また、4%MOS飼料を与えたアヒルの産卵率は、卵形指数が高く、卵黄色はCONに比べて低かった(P<0.05)。殻折れ卵の割合は実験飼料ではゼロであったが、CONでは3%であった(P<0.05)。しかし、軟殻卵の割合、異常卵の割合、卵白の高さ、羽毛の単位、卵殻の厚さには有意な影響は認められなかった(P>0.05)。血清生化学的パラメータについては、総タンパク質とアルブミンはMOS食で0~4wk齢では増加したが、5~9wk齢では減少した。血清の抗酸化指標については、スーパーオキシドディスムターゼとグルタチオンペルオキシダーゼが増加したのに対し、マロンジアルデヒドは0~9wk齢のMOS食で減少しました。これらの結果から、MOSはアヒルの早期成長と産卵にはプラスの影響を与えるが、卵の質には部分的に影響を与えていることが示唆された。また、抗酸化活性や免疫学的指標が改善される可能性があると考えられた。

This study was conducted to determine the effect of Moringa oleifera stem (MOS) meal in ducks. A total of 225 ducklings at 1 D of age were randomly assigned to 3 dietary treatment groups with 3 replicates of 25 each. The growth experiment lasted 63 D . The egg experiment started from 23 to 27 wk of age. Ducks were randomly divided into 3 treatment groups with 3 replications of 15 each. The following dietary treatments were applied: 1) Control (CON), basal diet + 0% MOS meal; 2) basal diet + 2% MOS meal; 3) basal diet + 4% MOS meal. During 0 to 4 wk of age, ducks fed 2% MOS diet showed significantly increase in average daily feed intake (ADFI) and average daily gain (ADG; P < 0.05) and ducks fed 4% MOS diet had a significant improvement in feed conversion rate (FCR; P < 0.05). However, ADFI, ADG, and FCR were not affected significantly during 5 to 9 wk of age (P > 0.05). In egg production experiment, ADFI, average egg weight, laying rate, and FCR showed significant increase in 4% MOS diets (P < 0.05). Laying ducks fed 4% MOS diet had a higher egg shape index, whereas a lower yolk color compared with CON (P < 0.05). The proportion of broken shell eggs were zero in experimental diets, whereas 3% of which occurred in CON (P < 0.05). However, no significant effects in proportion of soft shell eggs, proportion of abnormal-shape eggs, albumen height, haugh unit, and eggshell thickness were observed among all treatments (P > 0.05). For serum biochemical parameters, total protein and albumin were increased in MOS diets during 0 to 4 wk of age, but decreased during 5 to 9 wk of age. For serum antioxidant index, superoxide dismutase and glutathione peroxidase values were increased whereas malondialdehyde values were decreased in MOS diets from 0 to 9 wk of age. The results suggest that MOS positively affects early growth performance and laying performane of duckling but partially affects egg quality. The antioxidative activity and immunological index may be improved.

Copyright © 2020. Published by Elsevier Inc.