会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ヒトTリンパ球向性ウイルス1型(HTLV-1)、サイトメガロウイルス(CMV)、ストロンギロイデス・スターコラリスに感染した免疫抑制療法中の患者の死亡例:症例報告 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Infect. Dis..2020 Jul;20(1):470. 10.1186/s12879-020-05195-0. doi: 10.1186/s12879-020-05195-0.Epub 2020-07-02.

ヒトTリンパ球向性ウイルス1型(HTLV-1)、サイトメガロウイルス(CMV)、ストロンギロイデス・スターコラリスに感染した免疫抑制療法中の患者の死亡例:症例報告

Fatal outcome in a patient under immunosuppressant therapy infected with human T-lymphotropic virus type 1 (HTLV-1), cytomegalovirus (CMV) and Strongyloides stercoralis: a case report.

  • Chisato Ashida
  • Koji Kinoshita
  • Yuji Nozaki
  • Masanori Funauchi
PMID: 32615937 PMCID: PMC7331000. DOI: 10.1186/s12879-020-05195-0.

抄録

背景:

ストロンギロイデス菌感染症は、ストロンギロイデス・ステルコラリスの経皮感染によって引き起こされる消化管寄生虫感染症です。下痢や腹痛などの消化器症状が主な症状であるが、ヒトTリンパ球ウイルス1型(HTLV-1)を保有している人や免疫不全の人では、敗血症、膿性髄膜炎、細菌性肺炎などの重篤な感染症を起こすことがある。Strongyloides stercoralisとHTLV-1との共感染では慢性ストロンギロイデス症や播種型になることもあるが、駆虫薬イベルメクチンに対する反応率は高い。

BACKGROUND: Strongyloidiasis is a gastrointestinal parasitic infection caused by percutaneous infection with Strongyloides stercoralis. Digestive symptoms such as diarrhea and abdominal pain are the main manifestation, but serious infections such as septicemia, purulent meningitis, and bacterial pneumonia may occur in individuals harboring human T-lymphotropic virus type 1 (HTLV-1) or who are immunocompromised. Although coinfection with Strongyloides stercoralis and HTLV-1 can lead to chronic strongyloidiasis and a disseminated form of the disease, there is a high rate of response to the anthelmintic ivermectin.

ケースプレゼンテーション:

様々な理由から免疫再構成炎症性症候群(IRIS)との鑑別が困難であったストロンギロイジ症感染症症候群の1例を報告する。この患者は、ループス腎炎と汎血球減少症を伴う全身性エリテマトーデス(SLE)に対して、副腎皮質ステロイドのタクロリムス(Tac)とマイコフェノレートモフェチル(MMF)で治療を受けていた。ステロイドを減量したところ、サイトメガロウイルス(CMV)腸炎を発症し、TacとMMFを中止した直後に呼吸状態が急速に悪化した。便培養が陰性で好酸球が増加していなかったため、免疫再構成炎症性症候群とストロンギロイダ症感染症症候群との鑑別は困難であった。気管支鏡検査で生存可能なストロンギロイデスが検出され、ストロンギロイジア症感染症症候群と診断されたが、治療にもかかわらず患者は死亡した。

CASE PRESENTATION: We report a case of strongyloidiasis infection syndrome that was difficult to differentiate from immune reconstitution inflammatory syndrome (IRIS) for various reasons. The patient had been treated with the corticosteroids tacrolimus (Tac) and mycophenolate mofetil (MMF) for systemic lupus erythematosus (SLE) with lupus nephritis and pancytopenia. When the steroid was reduced, she developed cytomegalovirus (CMV) enteritis, and her respiratory status rapidly deteriorated immediately after the withdrawal of Tac and MMF. It was difficult to distinguish immune reconstitution inflammatory syndrome from strongyloidiasis infection syndrome because stool cultures were negative and eosinophils were not increased. Bronchoscopy revealed viable Strongyloides, leading to a diagnosis of strongyloidiasis infection syndrome, but the patient died despite treatment.

結論:

副腎皮質ステロイド療法もHTLV-1感染も、寄生虫感染があるにもかかわらず好酸球の減少を伴うことがある。結論として、複数の培養検査が陰性であっても、非流行地域であっても免疫抑制剤やステロイドを投与されている患者では、寄生虫感染のリスクを評価すべきである。

CONCLUSIONS: Both corticosteroid therapy and HTLV-1 infection can be associated with a decrease of eosinophils, despite the presence of parasitic infection. In conclusion, even if multiple culture tests are negative, the risk of parasitic infection should be assessed in patients receiving immunosuppressants and steroids even in non-endemic areas.