国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

オーストラリアの警察・救急隊職員における自殺念慮と行動の有病率と予測因子 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Aust N Z J Psychiatry.2020 Jul;:4867420937774. doi: 10.1177/0004867420937774.Epub 2020-07-02.

オーストラリアの警察・救急隊職員における自殺念慮と行動の有病率と予測因子

Prevalence and predictors of suicidal thoughts and behaviours among Australian police and emergency services employees.

  • Michael J Kyron
  • Wavne Rikkers
  • Andrew C Page
  • Patrice O'Brien
  • Jennifer Bartlett
  • Anthony LaMontagne
  • David Lawrence
PMID: 32615800 DOI: 10.1177/0004867420937774.

抄録

研究の目的:

この研究では、オーストラリアの警察および救急隊員の自殺思考と行動の割合を示している。さらに、個人の健康状態(メンタルヘルス、薬物使用など)と職場環境のリスク要因と保護要因についても検討している。

OBJECTIVE: This study presents rates of suicide thoughts and behaviours of police and emergency services personnel around Australia. In addition, it examines personal (i.e. mental health, substance use) and working environment risk and protective factors.

方法:

オーストラリアの 33 の救急医療機関の職員を対象に、メンタルヘルスおよびウェルビーイング調査を実施しました。合計14,868人のオーストラリアの救急隊員、消防隊員、警察隊員、州の救急隊員が参加し、調査前の12ヶ月間、または人生のどの段階で自殺を考えたり、計画したり、未遂したりしたかを自己申告した。ロジスティック回帰により、自殺念慮や行動に関連する要因を評価した。

METHOD: A stratified random sample of personnel from 33 Australian emergency services organisations were invited to participate in a mental health and wellbeing survey. In total, 14,868 Australian ambulance, fire and rescue, police and state emergency services employees participated and self-reported any suicidal thoughts, plans and/or attempts in the 12 months prior to the survey or at any stage in their life. Logistic regressions assessed factors associated with suicidal thoughts and behaviours.

結果:

従業員は一般的なオーストラリアの成人集団と比較して、自殺を考えたり計画したりする率が顕著に高かったが、未遂はしなかった。男性、独身・離婚、非異性愛者、勤続年数の長い従業員は、各部門で自殺念慮と行動の割合が高いと報告した。職場における他者からのメンタルヘルスに関するスティグマ、仕事が私生活に与える悪影響、仕事の意義の低さは自殺念慮と関連していたが、いじめは自殺念慮のみを報告した人と自殺を計画・未遂した人を有意に区別していた。高い回復力と社会的支援は自殺念慮の低さと関連していたが、断続的な爆発的な怒りと違法薬物の使用は自殺念慮の高さと関連していた。また、心的外傷後ストレス障害の症状は自殺を計画した人を有意に区別し、処方薬の誤用や心理的苦痛は自殺を計画した人を自殺念慮のみを報告した人と区別した。

RESULTS: Employees reported notably higher rates of suicidal thoughts and plans than the general Australian adult population, but not attempts. Male, single/divorced, non-heterosexual or longer-serving employees reported higher rates of suicidal thoughts and behaviours across each sector. Perceptions of stigma regarding mental health conditions from others in the workplace, negative impact of work on one's private life and low meaning of work were associated with suicidal thoughts, while bullying significantly differentiated who planned and attempted suicide from those who reported suicidal thoughts only. Higher resilience and social support were associated with lower suicidal thoughts, while intermittent explosive anger and illegal drug use were associated with higher rates of suicidal thoughts. Post-traumatic stress disorder symptoms significantly differentiated who planned suicide, while misuse of prescription drugs and psychological distress differentiated who attempted suicide from those who only reported suicidal thoughts.

結論:

本質的にストレスの多い職業の中で、職場が人員をサポートする方法で機能することが重要である。メンタルヘルスサービスへのアクセスは促進され、職員が容易に利用できるようにすべきである。

CONCLUSION: Amid inherently stressful occupations, it is important that workplaces function in a way that supports their personnel. Access to mental health services should be promoted and readily available to personnel.