会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

メトホルミンとスルホニル尿素によって十分に制御されていない2型糖尿病患者におけるエンパグリフロジンアドオン対従来の増量戦略の血糖効果と代謝的影響。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Endocrinol Metab (Seoul).2020 Jun;35(2):329-338. EnM.2020.35.2.329. doi: 10.3803/EnM.2020.35.2.329.Epub 2020-06-24.

メトホルミンとスルホニル尿素によって十分に制御されていない2型糖尿病患者におけるエンパグリフロジンアドオン対従来の増量戦略の血糖効果と代謝的影響。

Glycemic Efficacy and Metabolic Consequences of an Empagliflozin Add-on versus Conventional Dose-Increasing Strategy in Patients with Type 2 Diabetes Inadequately Controlled by Metformin and Sulfonylurea.

  • Yujin Shin
  • Ji Hye Moon
  • Ho Jun Chin
  • Ele Ferrannini
  • Soo Lim
PMID: 32615717 DOI: 10.3803/EnM.2020.35.2.329.

抄録

背景:

2型糖尿病(T2D)患者を対象に、エンパグリフロジンの追加と既存薬の増量を比較し、糖質低下効果を評価した。

BACKGROUND: We assessed the glucose-lowering efficacy of adding empagliflozin versus dose escalating existing medications in patients with uncontrolled type 2 diabetes (T2D).

方法:

本試験は、従来の治療を受けていないT2D(糖化ヘモグロビン[HbA1c]>7%)患者を対象とした6ヶ月間のレトロスペクティブ症例対照試験です。試験群はエンパグリフロジン(10mg 1日1回投与)の追加治療を開始し、対照群は既存の薬物療法を用いて単剤療法、またはメトホルミン、スルホニルウレア、ジペプチジルペプチダーゼ-4阻害剤の併用療法を行いました。主要評価項目は、HbA1c、空腹時血漿グルコース(FPG)、食後2時間グルコース(PP2)値の変化であった。副次的転帰として、体組成、体格指数(BMI)、血清ケトン体の変化、およびナトリウム、カリウム、塩素、カルシウム、リン、およびグルコースの尿中排泄が含まれていました。

METHODS: This was a 6-month retrospective case-control study in subjects with uncontrolled T2D (glycated hemoglobin [HbA1c] >7%) on conventional treatment. The study group started add-on therapy with empagliflozin (10 mg once a day) while the control group was up-titrated with existing medication, using either monotherapy or a combination of metformin, sulfonylurea, and a dipeptidyl peptidase-4 inhibitor. The primary endpoints included changes in HbA1c, fasting plasma glucose (FPG), and 2-hour postprandial glucose (PP2) levels. Secondary outcomes included changes in body composition, body mass index (BMI), and serum ketone bodies, and urinary excretion of sodium, potassium, chlorine, calcium, phosphorus, and glucose.

結果:

治療後のHbA1cの低下は、対照群に比べてエンパグリフロジン群で有意に大きかった(8.6%±1.6%→7.6%±1.5%対8.5%±1.1%→8.1%±1.1%;P<0.01)。FPGとPP2レベルでも同様のパターンが認められた。エンパグリフロジンは収縮期血圧と拡張期血圧、トリグリセリド、アラニンとアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼレベルを低下させた。除脂肪体重は維持されたが、体重、BMI、ウエスト周囲、脂肪量、腹部内臓脂肪面積は有意に減少した。エンパグリフロジン投与後、総ケトン体、β-ヒドロキシ酪酸、アセトアセテートレベルが有意に上昇した。

RESULTS: After treatment, the reduction in HbA1c was significantly greater in the empagliflozin group than in controls (from 8.6%±1.6% to 7.6%±1.5% vs. 8.5%±1.1% to 8.1%±1.1%; P<0.01). Similar patterns were found in FPG and PP2 levels. Empagliflozin decreased systolic and diastolic blood pressure, triglycerides, and alanine and aspartate aminotransferase levels. Body weight, BMI, waist circumference, fat mass, and abdominal visceral fat area decreased significantly while lean body mass was maintained. Total ketones, β-hydroxybutyrate, and acetoacetate levels increased significantly after empagliflozin.

結論:

血糖値の低下に加えて、エンパグリフロジンのアドオンレジメンは血圧と体脂肪を低下させ、メタボリックプロファイルを有意に改善した。標準薬で血糖コントロールが不十分なT2D患者において,エンパグリフロジンアドオンは用量増量よりも優れている。

CONCLUSION: In addition to glucose lowering, an empagliflozin add-on regimen decreased blood pressure and body fat, and improved metabolic profiles significantly. Empagliflozin add-on is superior to dose escalation in patients with T2D who have inadequate glycemic control on standard medications.