国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

致死例におけるチクングニヤウイルス抗原の臨床的特徴,病理組織学的特徴,組織免疫局在化. | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin. Infect. Dis..2020 Jul;ciaa837. doi: 10.1093/cid/ciaa837.Epub 2020-07-02.

致死例におけるチクングニヤウイルス抗原の臨床的特徴,病理組織学的特徴,組織免疫局在化.

Clinical characteristics, histopathology, and tissue immunolocalization of chikungunya virus antigen in fatal cases.

  • Tyler M Sharp
  • M Kelly Keating
  • Wun-Ju Shieh
  • Julu Bhatnagar
  • Brigid C Bollweg
  • Rebecca Levine
  • Dianna M Blau
  • Jose V Torres
  • Aidsa Rivera
  • Janice Perez-Padilla
  • Jorge Munoz-Jordan
  • Dario Sanabria
  • Marc Fischer
  • Brenda Rivera Garcia
  • Kay M Tomashek
  • Sherif R Zaki
PMID: 32615591 DOI: 10.1093/cid/ciaa837.

抄録

背景:

チクングニア患者の死亡はまれであり、脳炎、出血、敗血症性ショックを伴うことがある。我々は、チクングニアウイルス(CHIKV)感染後に死亡した患者の臨床所見、組織学的所見、免疫組織化学的所見について述べる。

BACKGROUND: Death in patients with chikungunya is rare, and has been associated with encephalitis, hemorrhage, and septic shock. We describe clinical, histologic and immunohistochemical findings in individuals who died following chikungunya virus (CHIKV) infection.

方法:

2014 年中にプエルトリコで急性疾患後に死亡し,死前または死後の血液または組織標本から RT-PCR で CHIKV RNA が検出された個体を同定した.組織標本上の CHIKV 抗原の病理組織学および免疫組織化学(IHC)を実施し、記録レビューおよび家族インタビューを介して医療データを収集した。

METHODS: We identified individuals who died in Puerto Rico during 2014 following an acute illness, and had CHIKV RNA detected by RT-PCR in a pre- or post-mortem blood or tissue specimen. We performed histopathology and immunohistochemistry (IHC) for CHIKV antigen on tissue specimens and collected medical data via record review and family interviews.

結果:

30例のCHIKV感染致死例が確認された(人口10万人あたり0.8例)。年齢中央値は61歳(範囲:6日~86歳)で、19人(63%)が男性でした。死亡は発症から中央値で4日後(範囲:1~29日)であった。ほぼ全員(93%)が少なくとも1つの併存疾患を有していたが、その中で最も多かったのは高血圧、糖尿病、肥満であった。9人は重度の併存疾患(例:慢性心臓病または腎臓病、鎌状赤血球貧血)または共感染(例:レプトスピラ症)を有していた。組織標本で死亡した 24 例のうち、11 例(46%)が IHC で陽性であった。CHIKV 抗原は間葉系組織および組織マクロファージ、血液単核球、脾臓濾胞樹状細胞、およびクッパー細胞を含む単核球で最も頻繁に検出された。一般的な病理組織学的所見は、肺の肺胞内出血と浮腫、慢性または急性の腱鞘炎、脾臓の免疫芽球の増加であった。CHIKV感染は2人の患者に致命的な敗血症性ショックを引き起こした可能性が高い。

RESULTS: Thirty CHIKV-infected fatal cases were identified (0.8 per 100,000 population). Median age was 61 years (range: 6 days-86 years), and 19 (63%) were male. Death occurred a median of four days (range: 1-29) after illness onset. Nearly all (93%) had at least one co-morbidity, most frequently hypertension, diabetes, or obesity. Nine had severe co-morbidities (e.g., chronic heart or kidney disease, sickle cell anemia) or co-infection (e.g., leptospirosis). Among 24 fatal cases with tissue specimens, 11 (46%) were positive by IHC. CHIKV antigen was most frequently detected in mesenchymal tissues and mononuclear cells including tissue macrophages, blood mononuclear cells, splenic follicular dendritic cells, and Kupffer cells. Common histopathologic findings were intra-alveolar hemorrhage and edema in the lung, chronic or acute tenosynovitis, and increased immunoblasts in the spleen. CHIKV infection likely caused fatal septic shock in two patients.

結論:

組織標本の評価から、敗血症性ショックやその他の重篤な症状を起こすことはまれであるが、CHIKVの発症機序についての洞察が得られた。

CONCLUSIONS: Evaluation of tissue specimens provided insights into the pathogenesis of CHIKV, which may rarely result in septic shock and other severe manifestations.

Published by Oxford University Press for the Infectious Diseases Society of America 2020.