会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

静脈内血栓溶解療法後の大動脈アテローム性動脈硬化症脳卒中と心臓塞栓症の出血性変容の危険因子の比較 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin Neurol Neurosurg.2020 Jun;196:106032. S0303-8467(20)30375-9. doi: 10.1016/j.clineuro.2020.106032.Epub 2020-06-17.

静脈内血栓溶解療法後の大動脈アテローム性動脈硬化症脳卒中と心臓塞栓症の出血性変容の危険因子の比較

Comparison of the risk factors of hemorrhagic transformation between large artery atherosclerosis stroke and cardioembolism after intravenous thrombolysis.

  • Chenhui Yang
  • Jie Zhang
  • Chunyan Liu
  • Yan Xing
PMID: 32615407 DOI: 10.1016/j.clineuro.2020.106032.

抄録

目的:

出血性変態(HT)は,静脈内血栓溶解療法(IVT)後の虚血性脳卒中の一般的な合併症であり,特に心筋梗塞(CE)および大動脈アテローム性動脈硬化症脳卒中(LAA)患者ではよくみられる。LAA 患者と CE 患者で HT の危険因子が異なるかどうかは依然として不明である。本研究の目的は、LAA患者とCE患者におけるIVT後のHTの危険因子の違いを探ることであった。

OBJECTIVE: Hemorrhagic transformation (HT) is a common complication of ischemic stroke after intravenous thrombolytic therapy (IVT), especially in cardioembolism (CE) and large artery atherosclerosis stroke (LAA) patients. Whether there are different risk factors for HT in LAA and CE patients remains unclear. The aim of this study was to explore the differences in risk factors for HT in patients with LAA and CE after IVT.

患者および方法:

2015年から2019年までに当院で組織プラスミノーゲンアクチベーター静注治療を受けたLAAおよびCE患者を対象にレトロスペクティブ解析を行った。人口統計学的および臨床情報を収集し、脳卒中発症後72時間以内にHTを評価した。脂質値、アルブミン、尿酸(UA)、血小板体積指数、およびHTの潜在的な予測因子をHTありの患者とHTなしの患者(非HT群)の間で解析した。

PATIENTS AND METHODS: A retrospective analysis was conducted on LAA and CE patients who were treated with intravenous tissue plasminogen activator at our hospital from 2015 to 2019. Demographic and clinical information was collected, and HT was evaluated within 72 h after stroke onset. Lipids levels, albumin, uric acid (UA), platelet volume indices, as well as potential predictors of HT were analyzed between patients with and without HT (non-HT group).

結果:

本研究には合計247名の患者(LAA168名、CE79名)が含まれ、そのうち62名(25.1%)に高血圧が認められた。高血圧患者は、LAAサブグループ(22.6%)よりもCEサブグループ(30.3%)の方が多かった。非HT患者と比較して、HT患者は脳卒中の既往率、ベースラインNIHSSスコア、平均血小板量(MPV)が高く、血小板数(PC)、トリグリセリド、総コレステロール、低密度リポ蛋白コレステロール(LDL-C)、アルブミン、UAの値が低かった(P<0.05)。多変量ロジスティック回帰分析では、LDLが低い(OR=0.547、95%CI 0.321~0.932、P=0.027)、血糖値が高い(OR=1.137、95%CI 1.015~1.247、P=0.0。026)はLAA患者における独立したHTの危険因子であり、アルブミンの低下(OR=0.989、95 % CI 0.977-1.000、P=0.048)とPCの低下(OR=0.868、95 % CI 0.754-0.989、P=0.047)はCE患者における独立したHTの危険因子であった。

RESULTS: A total of 247 patients (168 LAA and 79 CE) were included in the study, out of which 62 (25.1 %) had HT. HT was more prevalent in the CE subgroup (30.3 %) than in the LAA subgroup (22.6 %). Compared with non-HT, patients with HT showed a higher rate of the previous stroke, baseline NIHSS scores, and mean platelet volume (MPV), lower levels of platelet count (PC), triglycerides, total cholesterol, low-density lipoprotein cholesterol (LDL-C), albumin, and UA (P < 0.05). Multivariate logistic regression analysis showed that lower LDL (OR = 0.547, 95 % CI 0.321-0.932, P = 0.027), and higher blood glucose (OR = 1.137, 95 % CI 1.015-1.247, P = 0.026) were independent risk factors for HT in LAA patients, while lower albumin (OR = 0.989, 95 % CI 0.977-1.000, P = 0.048), and lower PC(OR = 0.868, 95 % CI 0.754-0.989, P = 0.047) were independent risk factors for HT in CE patients.

結論:

異なる病因を持つ患者では、IVT後のHTの危険因子が異なる可能性がある。LDL-Cの低下と血糖値の上昇はLAAの独立した危険因子であり、アルブミンとPCの低下はCEの独立した危険因子である。

CONCLUSION: Patients with different etiologies may have different risk factors of HT following IVT. Lower LDL-C and higher blood glucose are independent risk factors of LAA, while lower albumin and PC are independent risk factors of CE.

Copyright © 2020 Elsevier B.V. All rights reserved.