国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

新規に診断された卵巣がん(ICON8)に対する週1回のプラチナ製剤ベースの化学療法と週3回のプラチナ製剤ベースの化学療法:第3相無作為化比較試験のQOLの結果 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Lancet Oncol..2020 07;21(7):969-977. S1470-2045(20)30218-7. doi: 10.1016/S1470-2045(20)30218-7.

新規に診断された卵巣がん(ICON8)に対する週1回のプラチナ製剤ベースの化学療法と週3回のプラチナ製剤ベースの化学療法:第3相無作為化比較試験のQOLの結果

Weekly platinum-based chemotherapy versus 3-weekly platinum-based chemotherapy for newly diagnosed ovarian cancer (ICON8): quality-of-life results of a phase 3, randomised, controlled trial.

  • Sarah P Blagden
  • Adrian D Cook
  • Christopher Poole
  • Lesley Howells
  • Ian A McNeish
  • Andrew Dean
  • Jae-Weon Kim
  • Dearbhaile M O'Donnell
  • Jane Hook
  • Elizabeth C James
  • Ian R White
  • Timothy Perren
  • Rosemary Lord
  • Graham Dark
  • Helena M Earl
  • Marcia Hall
  • Richard Kaplan
  • Jonathan A Ledermann
  • Andrew R Clamp
PMID: 32615110 PMCID: PMC7327508. DOI: 10.1016/S1470-2045(20)30218-7.

抄録

背景:

ICON8試験では、上皮性卵巣がん患者において、週1回の化学療法では、標準的な3週1回の治療と比較して無増悪生存期間(主要エンドポイント)の有意な改善は認められなかったことが報告されました。ここに報告されている治療の自己申告によるウェルビーイングへの影響を測定した、付随する健康関連のQOL研究に参加する資格がICON8患者全員に与えられた。

BACKGROUND: The ICON8 study reported no significant improvement in progression-free survival (a primary endpoint) with weekly chemotherapy compared with standard 3-weekly treatment among patients with epithelial ovarian cancer. All ICON8 patients were eligible to take part in the accompanying health-related quality-of-life study, which measured the effect of treatment on self-reported wellbeing, reported here.

方法:

本試験は、英国、オーストラリア、ニュージーランド、メキシコ、韓国、アイルランド共和国の 117 病院で実施された第 3 相 3 群間無作為化非盲検比較試験であり、組織学的に国際産科婦人科連合会(International Federation of Gynecology and Obstetrics)の IC-IV ステージの卵巣がんと新たに診断され、Eastern Cooperative Oncology Group のパフォーマンスステータスが 0-2 である女性(18 歳以上)を無作為に割り付けた(1.1:1)。1:1)最小化を用いて、第1群(カルボプラチン曲線下面積[AUC]5またはAUC6を3週間ごとに175mg/mのパクリタキセルを静脈内投与)、第2群(カルボプラチンAUC5またはAUC6を3週間ごとに投与、週80mg/mのパクリタキセルを週1回投与)、または第3群(カルボプラチンAUC2を週1回投与、週80mg/mのパクリタキセルを週1回投与)に集中的に無作為に割り付けた。無作為化はGCIG群、病期、転帰と手術のタイミングで層別化した。患者と臨床医は治療の割り付けをマスキングしなかった。患者は臨床家の選択により、即時または遅らせた一次手術を受けた。患者には、登録時、各化学療法サイクルの前、9ヵ月までは6週間ごと、2年までは3ヵ月ごと、5年までは6ヵ月ごとに、欧州がん研究治療機構(European Organisation for Research and Treatment of Cancer QLQ-C30およびQLQ-OV28)の質問票を記入してもらった。生活の質はICON8試験の副次的転帰として事前に規定されていました。QOL試験では、共同主要エンドポイントは、9ヵ月時点でのQLQ-C30グローバルヘルススコア(横断的解析)と、無作為化から9ヵ月までの平均QLQ-C30グローバルヘルススコア(縦断的解析)であった。データ解析はintention-to-treatベースで行われた。この試験はClinicalTrials.gov、NCT01654146、ISRCTN Registry、ISRCTN10356387に登録されており、現在長期追跡調査中。

METHODS: In this open-label, randomised, controlled, phase 3, three-arm, Gynecologic Cancer Intergroup (GCIG) trial done at 117 hospital sites in the UK, Australia, New Zealand, Mexico, South Korea, and Republic of Ireland, women (aged at least 18 years) with newly diagnosed, histologically confirmed International Federation of Gynecology and Obstetrics stage IC-IV ovarian cancer and an Eastern Cooperative Oncology Group performance status of 0-2 were randomly assigned (1:1:1) centrally using minimisation to group 1 (intravenous carboplatin area under the curve [AUC]5 or AUC6 and 175 mg/m intravenous paclitaxel every 3 weeks), group 2 (carboplatin AUC5 or AUC6 every 3 weeks and 80 mg/m paclitaxel weekly), or group 3 (carboplatin AUC2 weekly and 80 mg/m paclitaxel weekly). Randomisation was stratified by GCIG group, disease stage, and outcome and timing of surgery. Patients and clinicians were not masked to treatment assignment. Patients underwent immediate or delayed primary surgery according to clinicians' choice. Patients were asked to complete European Organisation for Research and Treatment of Cancer QLQ-C30 and QLQ-OV28 questionnaires at enrolment, before each chemotherapy cycle, then 6-weekly up to 9 months, 3-monthly up to 2 years, and 6-monthly up to 5 years. Quality of life was a prespecified secondary outcome of the ICON8 study. Within the quality-of-life study, the co-primary endpoints were QLQ-C30 global health score at 9 months (cross-sectional analysis) and mean QLQ-C30 global health score from randomisation to 9 months (longitudinal analysis). Data analyses were done on an intention-to-treat basis. The trial is registered on ClinicalTrials.gov, NCT01654146 and ISRCTN Registry, ISRCTN10356387, and is currently in long-term follow up.

発見事項:

2011年6月6日から2014年11月28日までの間に、1566名の患者がICON8に登録された(第1群522名、第2群523名、第3群521名)。ベースラインのQOL質問票は1566人中1438人(92%)が記入し、9カ月間の質問票は1280人中882人(69%)が記入した。9ヵ月後のグローバルヘルススコア(横断的分析)については、研究群間で有意差は認められなかった(第2群と第1群の平均スコアの差は2-3、95%信頼区間-0-4~4-9、p=0-095、第3群と第1群の平均スコアの差は-0-8、-3-8~2-2、p=0-61)。縦断的解析を用いたところ、週1回のパクリタキセル投与群は週3回の化学療法を受けた群よりもグローバルヘルススコアが低いことがわかった(2群対1群、平均差-1-、p=0.0、p=0.0、p=0.0、p=0.0、p=0.0、p=0.0、p=0.0、p=0.0、p=0.0、p=0.0、p=0.0、p=0.0、p=0.0、p=0.0、p=0.0、p=0.0、p=0.0、p=0.0、p=0.0、p=0.0、p=0.0、p=0.0、p=0.0、p=0.xB7;61)。8、95%CI -3-6~-0-1、p=0-043;3群と1群、-2-9、-4-7~-1-1、p=0-0018)。)

FINDINGS: Between June 6, 2011, and Nov 28, 2014, 1566 patients were recruited into ICON8 (522 were included in group 1, 523 in group 2, and 521 in group 3). Baseline quality-of-life questionnaires were completed by 1438 (92%) of 1566 patients and 9-month questionnaires by 882 (69%) of 1280 patients. We observed no significant difference in global health score at 9 months (cross-sectional analysis) between study groups (group 2 vs group 1, difference in mean score 2·3, 95% CI -0·4 to 4·9, p=0·095; group 3 vs group 1, -0·8, -3·8 to 2·2, p=0·61). Using longitudinal analysis, we found lower global health scores for those receiving weekly paclitaxel than for those receiving 3-weekly chemotherapy (group 2 vs group 1, mean difference -1·8, 95% CI -3·6 to -0·1, p=0·043; group 3 vs group 1, -2·9, -4·7 to -1·1, p=0·0018).

インタープリテーション:

しかし、週1回の治療を受けた患者は無作為化後9ヵ月間の平均QOLが低下したと報告した。無増悪生存期間の有益性の欠如と合わせて考えると、これらの所見は新たに診断された卵巣癌の管理における週1回のパクリタキセル含有レジメンのルーチン使用を支持するものではない。

INTERPRETATION: We found no evidence of a difference in global quality of life between treatment groups at 9 months; however, patients receiving weekly treatment reported lower mean quality of life across the 9-month period after randomisation. Taken together with the lack of progression-free survival benefit, these findings do not support routine use of weekly paclitaxel-containing regimens in the management of newly diagnosed ovarian cancer.

資金調達:

Cancer Research UK、Medical Research Council、Health Research Board Ireland、Irish Cancer Society、およびCancer Australia。

FUNDING: Cancer Research UK, Medical Research Council, Health Research Board Ireland, Irish Cancer Society, and Cancer Australia.

Copyright © 2020 The Author(s). Published by Elsevier Ltd. This is an Open Access article under the CC BY 4.0 license. Published by Elsevier Ltd.. All rights reserved.