会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

コーンビームCTによる完全ガイド型歯列矯正ミニインプラント埋入の精度評価:人骨頭を用いた研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin Oral Investig.2020 Jul;10.1007/s00784-020-03436-9. doi: 10.1007/s00784-020-03436-9.Epub 2020-07-01.

コーンビームCTによる完全ガイド型歯列矯正ミニインプラント埋入の精度評価:人骨頭を用いた研究

Accuracy of fully guided orthodontic mini-implant placement evaluated by cone-beam computed tomography: a study involving human cadaver heads.

  • Kristian Kniha
  • Maximilian Brandt
  • Anna Bock
  • Ali Modabber
  • Andreas Prescher
  • Frank Hölzle
  • Golamreza Danesh
  • Stephan Christian Möhlhenrich
PMID: 32613434 DOI: 10.1007/s00784-020-03436-9.

抄録

目的:

本研究の目的は、歯(TBG)または歯肉を介したシリコンガイド(GBG)で支持された完全ガイド型歯列矯正ミニインプラント(OMI)の埋入精度を、仮想石膏模型上に仮想的に重畳された側面セファログラムに基づいて評価することでした。

OBJECTIVES: The aim of this study was to evaluate the accuracy of fully guided orthodontic mini-implant (OMI) placements supported by tooth- (TBGs) or gingiva-borne silicone guides (GBGs) based on virtually superimposed lateral cephalograms on virtual plaster models.

材料と方法:

OMIの位置を計画するために、側頭葉図と対応する石膏模型を仮想的に重ね合わせた。合計40個のOMIを20体の人間の口蓋に救急隊員の位置で挿入した。術後コーンビームコンピュータ断層撮影(CBCT)を行い、術前計画モデルと術後CBCTを比較して精度評価を行った。各インプラントの軸、先端、肩の中心、垂直位置の偏差を評価した。さらに、術後のCBCTスキャンで測定された移植精度を口腔内スキャナーで測定された精度と比較した。

MATERIALS AND METHODS: Lateral cephalograms and corresponding plaster models were virtually superimposed for the planning of OMI positions; fully guided TBGs and GBGs were fabricated (each, n = 10). A total of 40 OMIs were inserted in a paramedian position into the palate of 20 human cadavers. Postoperative cone-beam computer tomographies (CBCTs) were carried out, and an accuracy evaluation was performed by comparing preoperative planning models and postoperative CBCTs. Deviations of the axis, tip, centre of the shoulder and vertical position of each of the implants were evaluated. Furthermore, the transfer accuracy measured by postoperative CBCT scans were compared with the accuracy determined using an intraoral scanner.

結果:

インプラントの角度に関して、TBG(2.81° SD 2.69)とGBG(6.22° SD 4.26)の間で有意な偏差が評価された(p = 0.005)。インプラント先端とインプラントショルダーの偏差については、両ガイド間に統計的な差異は認められなかった。口腔内スキャンの精度は、CBCTと比較して、垂直方向の偏差については、有意に不正確であった(p < 0.001)。

RESULTS: A significant deviation between TBGs (2.81° SD 2.69) and GBGs (6.22° SD 4.26) regarding implant angulation was evaluated (p = 0.005). Implant tip and implant shoulder deviations revealed no statistical differences between the guides. Accuracy values of oral scans regarding vertical deviations were significantly more inaccurate when compared with CBCTs (p < 0.001).

結論:

OMI位置の精度は、歯の上にガイドエクステンションを使 用することで大幅に向上します。垂直方向のインプラント位置は、最も低い偏差を示した。術後の口腔内スキャンとCBCTは、バーチャルプラニングと比較した場合、精度の測定値に乖離が見られた。

CONCLUSIONS: The accuracy of an OMI position can be significantly increased by using a guide extension over the teeth. Vertical implant positions presented the lowest deviations. Postoperative oral scans and CBCTs represent diverging accuracy measurements when compared with virtual planning.

臨床結果:

ユーザーは、仮想的な計画の逸脱にもかかわらず、数ミリの誤差が生じる可能性があることを念頭に置いておく必要があります。

CLINICAL RELEVANCE: Users must keep in mind that despite virtual planning deviations, inaccuracies of a few millimetres may occur.