会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

矯正治療の初期段階でクリアアライナーを受けている患者と固定装置を受けている患者との間で、痛みの知覚、不安、口腔保健関連のQOLへの影響を比較した | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Eur J Orthod.2020 Jul;cjaa037. doi: 10.1093/ejo/cjaa037.Epub 2020-07-02.

矯正治療の初期段階でクリアアライナーを受けている患者と固定装置を受けている患者との間で、痛みの知覚、不安、口腔保健関連のQOLへの影響を比較した

Comparison of pain perception, anxiety, and impacts on oral health-related quality of life between patients receiving clear aligners and fixed appliances during the initial stage of orthodontic treatment.

  • Meiya Gao
  • Xinyu Yan
  • Rui Zhao
  • Yue Shan
  • Yiyin Chen
  • Fan Jian
  • Hu Long
  • Wenli Lai
PMID: 32613250 DOI: 10.1093/ejo/cjaa037.

抄録

背景と目的:

クリアアライナーは、快適性、審美性、利便性などの利点を持つ先進的な矯正法である。本研究では,矯正治療の初期段階において,クリアアライナーを装着した成人患者と固定装置を装着した成人患者との間で,痛みの知覚,不安感,口腔保健関連の生活の質(OHRQoL)への影響を比較することを目的とした.

BACKGROUND AND OBJECTIVES: Clear aligner is an advanced orthodontic method with benefits of comfort, aesthetics, and convenience. This study aimed to compare pain perception, anxiety, and impacts on oral health-related quality of life (OHRQoL) between adult patients receiving clear aligners and fixed appliances during the initial stage of orthodontic treatments.

材料と方法:

2つのグループは、年齢、性別、不正咬合の重症度のレベルによってよくマッチしていた。痛みの知覚、不安、およびOHRQoLは、それぞれビジュアルアナログスケール、状態-trait anxiety inventory、およびOral health impact profile-14(OHIP-14)によって評価された。そして、上記のスコアの比較は、二元分散分析によって行われた。

MATERIAL AND METHODS: The two groups were well matched by ages, gender, and levels of malocclusion severity. Pain perception, anxiety, and OHRQoL were assessed through visual analogue scale, state-trait anxiety inventory, and oral health impact profile-14 (OHIP-14), respectively. And the comparison of above scores was performed by two-way analysis of variance.

結果:

本研究には合計110名(55組)の患者さんが登録されました。矯正痛は両群とも初日にピークを迎え、その後徐々に減少し、固定群では1日目、2日目、4日目、5日目に有意に高かった。同様に、不安度は初日にピークを迎え、その後減少し、1日目、3日目、5日目、7日目、14日目に有意な差が認められた。さらに、OHIP-14は両群とも初日に上昇しピークを迎え、その後徐々に低下したが、固定群では1日目、7日目、14日目に有意に上昇した。

RESULTS: A total of 110 patients (55 pairs) were enrolled in this study. Orthodontic pain levels peaked on the first day and decreased gradually afterwards in both groups, which were significantly higher in the fixed group on the first, second, fourth, and fifth days. Likewise, anxiety levels peaked on the first day and decreased thereafter, with significant difference on the 1st, 3d, 5th, 7th, and 14th days. Moreover, the OHIP-14 scores increased and peaked on the first day and then gradually decreased for both groups, which were also significantly higher in the fixed group on the 1st, 7th, and 14th days.

限界:

グループマッチングには、より多くの不正咬合のタイプを用いるべきである。サンプルサイズの計算では、小集団を除外した場合の影響を考慮すべきである。クリアアライナーのコストが高いため、所得が2群間で有意に不均衡であり、治療法の無作為割り付けは不可能であった。

LIMITATIONS: More malocclusion types should be used for group matching. The effect of exclusion of small groups should be taken into consideration in sample size calculation. Income was significantly unbalanced between two groups due to higher cost of clear aligners, and random assignment of treatment modalities was unfeasible.

結論:

クリアアライナーで治療を受けた患者さんは、固定装置を受けた患者さんと比較して、痛みのレベルが低く、不安感が少なく、OHRQoLが高いことがわかりました。

CONCLUSIONS: Patients treated with clear aligners experienced lower pain levels, less anxiety, and higher OHRQoL as compared to those receiving fixed appliances.

© The Author(s) 2020. Published by Oxford University Press on behalf of the European Orthodontic Society. All rights reserved. For permissions, please email: journals.permissions@oup.com.