国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

川崎ショック症候群なのか、川崎様疾患なのか、小児炎症性多系統疾患なのか。COVID-19パンデミック時代の意味論の重要性 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
RMD Open.2020 06;6(2). e001333. doi: 10.1136/rmdopen-2020-001333.

川崎ショック症候群なのか、川崎様疾患なのか、小児炎症性多系統疾患なのか。COVID-19パンデミック時代の意味論の重要性

Is it Kawasaki shock syndrome, Kawasaki-like disease or pediatric inflammatory multisystem disease? The importance of semantic in the era of COVID-19 pandemic.

  • Isabelle Koné-Paut
  • Rolando Cimaz
PMID: 32611651 DOI: 10.1136/rmdopen-2020-001333.

抄録

2019年の世界的な新型コロナウイルス疾患パンデミックのピークから数週間後、ショック、多系統炎症、重度の心筋炎の症例が小児および青年に発生し、いくつかの懸念と何よりも多くの疑問が生じています。川崎病(KD)に関連するショック症候群と提起されたほぼ即時の関連付け。しかし、経験と文献に照らして、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-COV-2)感染症について教えてくれたこと、そしてKDの疫学についてすでに知られていること、我々はここでは、SARS-COV-2によって引き起こされたKDの形態ではなく、過剰な適応免疫応答に関連する新しい「ポストウイルス」全身性炎症性疾患の仮説を提案します。この2つの病型の類似性と相違点について議論する。

A few weeks after the peak of the global 2019 novel coronavirus disease pandemic, cases of shock, multisystem inflammation and severe myocarditis have occurred in children and adolescents, generating some concerns and above all many questions. An almost immediate association raised with shock syndrome related to Kawasaki disease (KD). However, in light of bo/th experience and literature have taught us about severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-COV-2) infection, and what already known on the epidemiology of KD, we suggest here the hypothesis of a new 'post-viral' systemic inflammatory disease related to excessive adaptive immune response rather than a form of KD caused by SARS-COV-2. We discuss analogies and differences between the two forms.

© Author(s) (or their employer(s)) 2020. Re-use permitted under CC BY-NC. No commercial re-use. See rights and permissions. Published by BMJ.