国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

モザンビーク北部における心拍数モニターの測定値から、籾摺り水と穀物粉砕のエネルギー支出を推定する | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Public Health Nutr.2020 Jul;:1-12. S1368980020001019. doi: 10.1017/S1368980020001019.Epub 2020-07-02.

モザンビーク北部における心拍数モニターの測定値から、籾摺り水と穀物粉砕のエネルギー支出を推定する

Estimating energy expenditure of head-hauling water and grain grinding from heart rate monitor measurements in northern Mozambique.

  • Kory C Russel
  • Matthew P Buman
  • Jennifer Davis
  • William L Haskell
PMID: 32611478 DOI: 10.1017/S1368980020001019.

抄録

目的:

サハラ以南のアフリカの女性は1日に何百万人もの時間を水汲みや穀物叩きに費やしているにもかかわらず、このような家庭内活動のエネルギー消費コストを厳密に評価した研究はこれまでほとんどなかった。その結果、頭から水を汲んだり、乳鉢と杵で穀物を手で叩いたりすること(ピラン使用)を考慮した分析のほとんどは、限られた研究から導き出されたエネルギー支出の値を採用している。この論文では、心拍数モニターと間接熱量計を用いたエネルギー消費量の推定値を比較し、家庭内活動の測定に心拍数モニターを用いることの限界を理解しています。

OBJECTIVE: Even though sub-Saharan African women spend millions of person-hours per day fetching water and pounding grain, to date, few studies have rigorously assessed the energy expenditure costs of such domestic activities. As a result, most analyses that consider head-hauling water or hand pounding of grain with a mortar and pestle (pilão use) employ energy expenditure values derived from limited research. The current paper compares estimated energy expenditure values from heart rate monitors v. indirect calorimetry in order to understand some of the limitations with using such monitors to measure domestic activities.

デザイン:

本確認研究では、実験室条件下での間接熱量計と心拍数モニターの両方を用いて、水汲みと手で穀物を叩く作業の代謝等価量(MET)を推定した。

DESIGN: This confirmation study estimates the metabolic equivalent of task (MET) value for head-hauling water and hand-pounding grain using both indirect calorimetry and heart rate monitors under laboratory conditions.

設定:

本研究はモザンビークのナンプラ市で実施した。

SETTING: The study was conducted in Nampula, Mozambique.

参加者:

ナンプラ市の大学生40名で水汲み活動を繰り返し行っていた。

PARTICIPANTS: Forty university students in Nampula city who recurrently engaged in water-fetching activities.

結果:

全参加者を含めると、20リットル(20-5kg、コンテナを含む)の水を頭で運ぶ場合の平均MET値(2-7km/h、0%勾配)は、ピラン使用時で4-3(sd 0-9)、3-7(sd 1-2)であった。混合モデルからの推定エネルギー支出予測は、観測されたエネルギー支出と相関があることがわかった(r2 0-68, r0-82)。ピラン使用データを除外してモデルを再推定すると、適合性が大幅に改善された(r2 0-83, r 0-91)。

RESULTS: Including all participants, the mean MET value for head hauling 20 litres (20·5 kg, including container) of water (2·7 km/h, 0 % slope) was 4·3 (sd 0·9) and 3·7 (sd 1·2) for pilão use. Estimated energy expenditure predictions from a mixed model were found to correlate with observed energy expenditure (r2 0·68, r 0·82). Re-estimating the model with pilão use data excluded improved the fit substantially (r2 0·83, r 0·91).

結論:

本研究では、心拍数モニターは、水汲みなどの一部の生活活動におけるエネルギー支出を正確に定量化するのには適しているが、穀物の手打ちなどの他の活動における支出を定量化するのには適していないことがわかった。

CONCLUSIONS: The current study finds that heart rate monitors are suitable instruments for providing accurate quantification of energy expenditure for some domestic activities, such as head-hauling water, but are not appropriate for quantifying expenditures of other activities, such as hand-pounding grain.