会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

分子トポロジーと局所幾何学を関連付ける。ハドンの錐角とガウス曲率 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Chem Phys.2020 Jun;152(24):244310. doi: 10.1063/5.0008368.

分子トポロジーと局所幾何学を関連付ける。ハドンの錐角とガウス曲率

Relating the molecular topology and local geometry: Haddon's pyramidalization angle and the Gaussian curvature.

  • Julia Sabalot-Cuzzubbo
  • Germain Salvato-Vallverdu
  • Didier Bégué
  • Jacky Cresson
PMID: 32610954 DOI: 10.1063/5.0008368.

抄録

錐体化角と球状曲率は、分子の局所的な形状を特徴づけるために、また分子の生体化学的活性の指標とするためによく知られている量である。この論文では、これら2つの概念を自己完結的に提示し、その限界について議論する。これらの限界は、離散微分幾何学に由来する角欠陥と離散ガウス曲率の概念を導入することにより、回避することができる。特に、これらの量は、任意の分子、3価かどうか、長さが等しいかどうかの結合の有無にかかわらず、簡単に計算することができます。これらの量はすべて実装されています。次に、フラーレン分子のほぼ網羅的なリストを網羅したTománekデータベースを用いて、これらの量をすべて計算する。特に、錐体化角と球面曲率、角欠陥、ハイブリダイゼーション数との相互依存性について議論します。また、原子数、対称性群、幾何学的最適化過程など、分子の特徴に応じたピラミッド化角度の依存性についても検討する。

The pyramidalization angle and spherical curvature are well-known quantities used to characterize the local geometry of a molecule and to provide a measure of regio-chemical activity of molecules. In this paper, we give a self-contained presentation of these two concepts and discuss their limitations. These limitations can bypass, thanks to the introduction of the notions of angular defect and discrete Gauss curvature coming from discrete differential geometry. In particular, these quantities can be easily computed for arbitrary molecules, trivalent or not, with bond of equal lengths or not. All these quantities have been implemented. We then compute all these quantities over the Tománek database covering an almost exhaustive list of fullerene molecules. In particular, we discuss the interdependence of the pyramidalization angle with the spherical curvature, angular defect, and hybridization numbers. We also explore the dependence of the pyramidalization angle with respect to some characteristics of the molecule, such as the number of atoms, the group of symmetry, and the geometrical optimization process.