会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

保健システムパフォーマンス評価(IPHA)への人口視点の統合。ドイツにおける横断的研究のための研究プロトコル | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Health Policy Manag.2020 Jan;doi: 10.15171/ijhpm.2019.141.Epub 2020-01-20.

保健システムパフォーマンス評価(IPHA)への人口視点の統合。ドイツにおける横断的研究のための研究プロトコル

Integrating the Population Perspective into Health System Performance Assessment (IPHA): Study Protocol for a Cross-Sectional Study in Germany Linking Survey and Claims Data of Statutorily and Privately Insured.

  • Miriam Blümel
  • Julia Röttger
  • Julia Köppen
  • Katharina Achstetter
  • Reinhard Busse
PMID: 32610712 DOI: 10.15171/ijhpm.2019.141.

抄録

背景:

保健システムパフォーマンス評価(HSPA)は、保健システムにおけるエビデンスに基づいたガバナンスのための主要なツールであり、患者/人口指向はますます重要な側面として考えられている。IPHA研究の目的は、(1)世界保健機関(WHO)が定義した中間次元と最終次元に基づいて、人口の視点からドイツの医療システムの包括的なパフォーマンス評価を行うこと、(2)医療システム内での相互作用や行動パターンが異なる(a)共通の利用者の特徴と(b)利用者のタイプ間のHSPAの違いを明らかにすることである。

BACKGROUND: Health system performance assessment (HSPA) is a major tool for evidence-based governance in health systems and patient/population-orientation is increasingly considered as an important aspect. The IPHA study aims (1) to undertake a comprehensive performance assessment of the German health system from a population perspective based on the intermediate and final dimensions defined by the World Health Organization (WHO) and (2) to identify differences in HSPA between (a) common user characteristics and (b) user types, which differ in their interactions and patterns of action within the health system.

方法と分析:

2018年10月から12月にかけて、過去12カ月間に関連する母集団の観点からドイツの医療システムを評価するために、法定被保険者と民間被保険者を対象とした横断的調査を実施した。無作為サンプルは、AOK Nordostの被保険者32,000人とDebekaの被保険者20,000人で構成されています。調査から得られたデータは、データ連携に同意した各回答者の個人レベルでの健康保険請求データと連携される。保険金請求データは、2017年1月1日から2018年6月30日までの期間を対象としています。2つのデータソースを組み合わせることで、被保険者の特徴と医療システムのパフォーマンスの評価の違いとの関連性を明らかにすることができる。調査は、WHOが定義するすべての最終的および中間的な健康システムの目標と、ヘルスリテラシー、自己効力感、個人が自分の健康や病気に支払う注意力、個人的ネットワーク、自律性、コンプライアンス、社会デモグラフィックなどの利用者特性を測定する71項目で構成されている。クレームデータには、罹患率、ケアデリバリ、サービス利用、(共同)支払い、社会的特徴などの情報が含まれています。

METHODS AND ANALYSIS: A cross-sectional survey was conducted between October and December 2018 with statutorily and privately health insured to assess the German health system from a population perspective related to the past 12 months. The random sample consists of 32 000 persons insured by AOK Nordost and 20 000 persons insured by Debeka. Data from the survey will subsequently be linked with health insurance claims data at the individual level for each respondent who has given consent for data linkage. Claims data covers the time period January 1, 2017 to June 30, 2018. The combination of the 2 data sources allows to identify associations between insured patient characteristics and differences in the assessment of health system performance. The survey consists of 71 items measuring all final and intermediate health system goals defined by the WHO and user characteristics like health literacy, self-efficacy, the attention an individual pays to his or her health or disease, the personal network, autonomy, compliance and sociodemographics. The claims data contains information on morbidity, care delivery, service utilization, (co)payments and sociodemography.

DISCUSSION:

本研究は、母集団の視点を用いた総合的なHSPAを実施するための有望な試みである。この目的のために、関連するすべての健康システムの次元に関するデータを収集するために、検証済みの項目と新しい項目の両方を含む質問票を作成した。特に、HSPAに関する調査データと保険金請求データをリンクさせることは、母集団の視点から健康システムのパフォーマンスの決定要因を評価・分析する上で大きな可能性を秘めている。

DISCUSSION: The study represents a promising attempt to perform a holistic HSPA using a population perspective. For this purpose, a questionnaire was designed that contains both validated and new items in order to collect data on all relevant health system dimensions. In particular, linking survey data on HSPA with claims data is of high potential for assessing and analysing determinants of health system performance from the population perspective.

© 2020 The Author(s); Published by Kerman University of Medical Sciences. This is an open-access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License (http://creativecommons.org/licenses/by/4.0), which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original work is properly cited.