国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ホモシステイン誘発AIM2とNLRP1炎症性ソームのアップレギュレーションと活性化によって媒介される循環CD4陽性Tリンパ球の不均衡は、ヒトの腹部大動脈瘤と関連している | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Vasc. Res..2020 Jul;:1-15. 000508077. doi: 10.1159/000508077.Epub 2020-07-01.

ホモシステイン誘発AIM2とNLRP1炎症性ソームのアップレギュレーションと活性化によって媒介される循環CD4陽性Tリンパ球の不均衡は、ヒトの腹部大動脈瘤と関連している

Circulatory CD4-Positive T-Lymphocyte Imbalance Mediated by Homocysteine-Induced AIM2 and NLRP1 Inflammasome Upregulation and Activation Is Associated with Human Abdominal Aortic Aneurysm.

  • Hao Wang
  • Guodong Wei
  • Shuai Cheng
  • Ding Wang
  • Ju Ma
  • Shijie Xin
PMID: 32610319 DOI: 10.1159/000508077.

抄録

序論:

CD4陽性Tリンパ球(CD4細胞)は、ヒトの腹部大動脈瘤(AAA)において重要な役割を果たしている。しかし、異なるCD4サブタイプの役割についてはほとんど分かっていない。

INTRODUCTION: CD4-positive T lymphocytes (CD4 cells) play a significant role in human abdominal aortic aneurysm (AAA). However, we know little about the role of the different CD4 subtypes.

目的:

我々は、循環型CD4表現型マーカーのプロファイルと、新たに発見されたTヘルパー細胞9(Th9)と濾胞性ヘルパーT細胞(Tfh)の役割、およびAAA患者のCD4細胞におけるインフルマソームの役割を明らかにすることを目的とした。

OBJECTIVE: We aimed to discover the circulatory CD4 phenotypic marker profile and the roles of the newly found T helper cell 9 (Th9) and follicular helper T cells (Tfh) and that of inflammasomes in CD4 cells from AAA patients.

方法:

我々は、30人のAAA患者と21人の年齢をマッチさせた対照者からCD4細胞を抽出した。表現型特異的転写因子(TF)とインフルナソームをqRT-PCRで解析した。

METHODS: We extracted CD4 cells from 30 AAA patients and 21 age-matched controls. Phenotype-specific transcription factors (TFs) and inflammasomes were analyzed with qRT-PCR.

結果:

患者の末梢血CD4細胞では、Th17-、Th1-、Th9-、およびTfh-特異的TFおよび炎症酵素成分NLRP1(NLRファミリーパイリンドメイン含有1)、NLRP3、NLRC4、AIM2(メラノーマ2では欠失)、PYCARD(CARDを含むアポトーシス斑状タンパク質)、およびCASP1(カスパーゼ1)がアップレギュレートされ、T調節細胞およびTh2特異的TFがダウンレギュレートされていた。ホモシステインは、AIM2とNLRP1の炎症性ソームのアップレギュレーションにより、TfhとTh17のアンバランスに関与していた。血中総コレステロール値はNLRP1発現と正の相関を示し、血中低密度リポタンパク質値はFOXP3発現と負の相関を示した。

RESULTS: Th17-, Th1-, Th9-, and Tfh-specific TFs and inflammasome components NLRP1 (NLR family pyrin domain-containing 1), NLRP3, NLRC4, AIM2 (absent in melanoma 2), PYCARD (apoptosis speck-like protein containing a CARD), and CASP1 (caspase 1) were upregulated, and T regulatory cell- and Th2-specific TFs were downregulated in the patients' peripheral blood CD4 cells. Homocysteine was involved in Tfh and Th17 imbalance by AIM2 and NLRP1 inflammasome upregulation. Blood total cholesterol level correlated positively with NLRP1 expression, and blood low-density lipoprotein level correlated negatively with FOXP3 expression.

結論:

インフラマソーム誘発性CD4細胞のアンバランスがAAAに関与していることが示唆された。我々は、AAAは全身的な免疫のアンバランスと局所的な自己免疫との相乗効果の結果であると考えた。

CONCLUSIONS: Inflammasome-induced CD4 cell imbalance was involved in AAA. We thought that AAA might be a consequence of synergism between systemic immune imbalance and local autoimmunity.

© 2020 S. Karger AG, Basel.